メール相談例 67
以下の例はすべて 脾胃気虚 (脾胃の消化機能の衰えそのもの)
         脾虚気陥 (脾の消化機能の衰えが進むと清陽が下陥する) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 無排卵月経
2. 生理中にひどい吐き気
3. 食欲不振でやせていく
4. 子宮筋腫
5. 月経早期
6. 頻尿と吐酸
7. 母乳が出ない
8. 味覚がない
9. 胃腸の不快感
10. 口が甘い
11. 胃痛
12. ニキビ/冷え性
13. げっぷが出る


★ 無排卵月経

女  27歳 経過 : 私は不妊症・習慣性流産で悩んでいます。 今年になって排卵誘発剤とホルモン注射(ゴナドトロピン療法)で7月と12月に妊娠をしましたが いづれも超早期に流産していまいました。 ドクターのお話によれば,私の不妊の原因の第一は(無排卵月経)、 これは排卵誘発剤でクリアーできるのですが、いざ着床となると上手く行かず 流産となってしまうようです。 この第二の原因は,黄体ホルモンの分泌の不足が考えられるとのことです。 これは先天性のものなのか何が起因して起こるのかは不明とのことでした。 腹部 : 食欲がない(胃炎) 腰膝 : 極度の冷え性(足が冷える) 婦人 : 月経が遅れる・月経痛がある・不正出血がある・流産しやすい・不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  漢方では「受胎は腎気旺盛、精血充実しておれば、任脈通じ、衝脈は盛んになり、 月経は順調で妊娠することができる。 腎気が虚弱で気血不足し、衝脈・任脈が失調すれば妊娠することができない」と考えています。 貴女の場合は >腹部 : 食欲がない(胃炎) >腰膝 : 極度の冷え性(足が冷える) これは「脾虚失運」と「血虚失養」を合わせた「脾虚血弱」の状態です。 これは体調として基本的な欠陥です。 是非治しておかないと一歩も先へ進むことが出来ません。 仮にこのままの体調でいくらホルモン治療をしても期待通りの効果は出にくいと思います。 腎は「先天の本」、脾胃は「後天の本」といわれています。 「後天の本」とは脾と胃が共同して食物から営養を吸収し血肉を生化することです。 先ずここから始めましょう、急がば回れです。
脾胃の機能が回復すれば必ず自力でホルモンバランスを取ることが出来るようになりますから。 おすすめの漢方処方 (1) 香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 生理中にひどい吐き気

女  34歳 病名と経過 : 10年ほど前に出産したのですが、数年前から生理中にひどい吐き気嘔吐、 肩と首筋のコリがひどく、悩まされています。 生理の3日めに出血がほとんど無くなり、この日が一番ひどいです。 あと生理のおわりがけにも症状が悪化します。 他のからだの様子なのですが、5年ほど前から、すぐに風邪を引くようになり、 微熱が続いたり、せきはひどくないのですがたんが出たり、のどが痛くなったり なんだか一年中風邪を引いているようなかんじなんです。 体質としては、冷え性で5年ほどまえからめっきり体力が落ちています。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >生理中にひどい吐き気嘔吐、肩と首筋のコリがひどく、悩まされています。 漢方では「衝脉は血海であり、任脉は妊娠を主宰する。この二脉が助け合うことによって子供が出来る。 (王冰) 上では乳汁をコントロールし、下では経血をコントロールする。」(『証治準縄』) と言い、月経を司るのは衝任の二脉であると考えます。 そして衝任の二脉を温煦し濡養するのは気血であり、気血を生むのは脾胃の運化作用です。 >生理の3日めに出血がほとんど無くなり、この日が一番ひどいです。 >あと生理のおわりがけにも症状が悪化します。 もともと脾胃が虚弱で消化機能が失調しているところへ月経がくると、気血が失われ 脾胃の気は更に弱まり、清気は下陥し上がることができず、濁気が上逆して嘔吐となります。 これを「脾胃虚弱による経行嘔吐」と言います。 気血が不足すると經脉は空虚となり >肩と首筋のコリがひどく >生理の3日めに出血がほとんど無くなり、 となります。 また脾胃の運化作用が不足すると >せきはひどくないのですがたんが出たり、 非生理的な痰飲が発生しやすくなります。 おすすめの漢方処方 (1) 香砂六君子湯加味(こうしゃりっくんしとうかみ)・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 食欲不振でやせていく

男  58歳 病名と経過 : 症例DBの臨床挙例(1) 厭食の男性と良く似ている。 精神・身体的疾患は全く無いにも拘わらず食欲不振のみ存在し、段々やせていく。 いくら食べようと思ってもあまり食べられず、それを無理して食べると下痢をしてしまう。 いわゆる拒食症では無い。 全身 : だるい 顔面 : 白い 頭が重い 腹部 : 食欲が無い 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  脾胃は「後天の本」と言い、胃は受納・消化を司り、脾は精微の吸収・輸布を司り、 全身を栄養するので生長発育の根本です。 漢方では脾胃の機能低下を「脾気虚証」はまた「中気不足証」といいます。 >全身 だるい 元気の「」とは何処から来るのでしょうか? 「気は精より化し精は水穀より生ず」と言います。 その水穀の運化・吸収・輸布はすべて脾気の盛衰にかかっています。 もし脾気不足で脾が健運を失せば水穀は化せず、水穀が化しなければ精少なし、 精少なければ即ち気衰うことになります。 >精神・身体的疾患は全く無いにも拘わらず食欲不振のみ存在し、段々やせていく。 >いくら食べようと思ってもあまり食べられず、それを無理して食べると下痢をしてしまう。 痩せるのは「脾虚失運」のため、食べられないのは「胃虚不納」のためです。 おすすめの漢方処方 (1) 異功散加味(いこうさんかみ)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 子宮筋腫

女  32歳 もっとも治して欲しいこと : 子宮筋腫、冷え性 全身 : 生理の前後に肩こりと首のはり、腹部の重苦しさ、のどもいたくなります。 顔面 : 生理の前後は顔がむくむ 喉 気管 : 生理の前後や肩こりがあるときにかぜのように喉が痛い 大便 小便 陰部 :  すこし便秘ぎみ 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 腰が痛い   足が冷える 婦人 : 子宮筋腫 8年前に子宮筋腫の手術をしました。去年再発したらしく、お腹がはって不快です。 お医者様によるとすぐに手術の必要はないとのことですが、生理の前後はお腹にガス がたまったり重苦しくなり、痛くはないのですが、とても不快です。 また筋腫は子宮の内側にできているわけではないのであまり心配するなとのことです。 これから冷房で体調が悪くなる季節でもあるので、早めにはじめたいと考えます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >8年前に子宮筋腫の手術をしました。去年再発したらしく、お腹がはって不快です。 >お医者様によるとすぐに手術の必要はないとのことですが、生理の前後はお腹にガス >がたまったり重苦しくなり、痛くはないのですが、とても不快です。 折角手術したのに残念でしたね。 再発したのは子宮筋腫という結果だけを取り去って、原因を取り去らなかったからです。 生理前になるとお腹が張るのは「気滞」という現象で、“肝気”の流れが阻滯している事です。 特に下腹部は肝経の通る場所でもあり、それが生理の前に特有の事だとすると ますます肝経と特定する事ができます。 しかし肝経の気滞だけでそう簡単には子宮筋腫は発生しません。 子宮筋腫となる為には“淤血(おけつ)”や“”の存在が必要です。 体格を見ますとやや痩せぎすのようですね。 「血虚」や「気虚」があると考えられます。 血虚があると「血虚血渋」といって血流の阻滯が起きて淤血が出来やすくなるし、 気虚があっても「気虚血淤」といって末梢の血流障害が起きやすくなります。 そういう悪い子宮環境が続くとやがては子宮筋腫となる事もあり得ます。 顔面 : 生理の前後は顔がむくむ気がします。 腰 膝 下肢 : 足が冷える 体の陽気が少ない事を意味しています。 中でも水分代謝に関係して脾胃の陽虚が考えられます。 「血虚」や「気虚」の最大の原因は消化機能である脾胃の虚です。 脾胃は「後天の本」と言い、体格や気血の量を決定する決め手になります。 「脾虚血弱・気虚不栄」の状態だとあらゆる所から病邪は忍び込めます。 是非脾胃の機能強化を図って淤血や痰の発生を食い止め、自力回復の良いチャンスにして下さい。 子宮筋腫を消す為に上記処方に消[病<徴]化淤薬を加味します。 おすすめの漢方処方 (1)四君子湯加味(しくんしとうかみ)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 消瘤丸(しょうりゅうがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経早期

女  44歳 もっとも治して欲しいこと : 月経早期と不妊 生理が2週間おきにきます。 42歳の時に初出産して、現在二人目を希望しています。 排卵テストでは排卵の時おこるホルモンの増加が見られ、排卵があるのかとも思うのですが、 その後すぐにまた生理がきてしまいます。 かれこれ3ヶ月ほどそのような状態が続いています。 もう更年期なのでしょうか。最近まで生理周期は24〜5日でした。 大便 小便 陰部 : やや頻尿  陰部が痒い(生理前になると軽いカンジタになる) 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 腰が冷える  足が冷える 婦人 : 月経が早くなる  血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >生理が2週間おきにきます。 >最近まで生理周期は24〜5日でした。 月経の来潮と密接に関係しているのは子宮から起こる衝脈で、別名を“血海”と言います。 また妊娠を主宰するのは任脈で、この二脈が助け合うことによって子供が出来るのです。 漢方では「脾は統血す」といいます。 これは月経などで血液が脈外に溢れ出すに際して時期尚早にならないように 適度に固摂する作用で、それを「脾気」が管理すると考えています。 いま月経早期を起こしているのは「脾気虚弱」のために衝脈・任脈の固摂が緩んでいるからです。 大抵は月経の量は多くても色が淡いとか、質が清稀であるとか、下腹が空しく墜ちそうだとか、 或いは腰が脹るとか、精神が疲れ四肢がだるいとかするものです。(臓腑空虚,経水淋漓不断) これを「気虚経行先期」といいます。 おすすめの漢方処方 (1) 挙元煎(きょげんせん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 頻尿と吐酸

男  31歳 もっとも治して欲しいこと : 頻尿  特に飲んでいる時など20分に1度程度中座せねばならず、仕事での会食の場合は差し支える。 全身 : だるい、気がふさぐ、健忘症、汗っかき 顔面 : 普通、顔面痙攣(特に目の下)、頭痛(たまに偏頭痛)、鼻血 口唇舌 : 舌がもつれる、歯茎から血が出る(及び歯茎の後退)、口が乾く  (特に唇。常に唇の皮がぼろぼろです。全身が乾いている為か、静電気が帯電し易い) 胸脇 : 吐き気がある(飲酒や夜更かしの翌朝は頻繁に胃液を吐く) 大便小便陰部 : 便秘と下痢を繰り返す、頻尿 頚部、背、手腕肩 : 指がかすかに震えている 腰、膝、下肢 : 膝がたまに痛む 皮膚、頭皮、毛髪 : 手のひらの皮が荒れております。            小児時にアトピー性皮膚炎を患う −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >口唇舌 : 口が乾く(特に唇。常に唇の皮がぼろぼろです。) >胸脇 : 吐き気がある(飲酒や夜更かしの翌朝は頻繁に胃液を吐く) >大便小便陰部 : 便秘と下痢を繰り返す、頻尿 脾胃は「その華は唇に在り」と言われ、唇の状態から脾胃の状態が推察できます。 飲酒や夜更かしの後で頻繁に胃液を吐くとは相当に脾胃が過敏になっています。 吐き気・下痢・頻尿とくれば「寒邪」と「湿邪」が考えられます。 >治して欲しい事 : 頻尿。 >特に飲んでいる時など20分に1度程度中座せねばならず、 これは [寒邪>湿邪] で、余程の寒冷原因があります。 その原因は何でしょうか? 一般には「労累過度」や「過食生冷」と言われていますが……。 もし生来の冷え性ならビールや刺身などの生冷食品やクーラーなどから遠ざかる様にして下さい。 「寒邪傷陽」といって寒邪が肺や脾の陽気を損なうと、上部にある肺脾が 下部にある膀胱を制御できずに頻尿になるのです。 これを「肺脾気虚の頻尿症」といいます。(肺脾気虚不能制下,膀胱失約則為尿頻) 胃液を吐くのは「寒湿内阻呑酸証」といい、前述の如く寒湿邪が脾胃の 陽気を損ない運化ができず気滞を起こし、上逆するからです。(脾胃納運失常) >皮膚、頭皮、毛髪 : 手のひらの皮が荒れております。 >           小児時にアトピー性皮膚炎を患う 体液(津液)を生産する筈の脾胃が働かず、それを分布する筈の肺が冷えていれば これは当然の事です。 おすすめの漢方処方 (1) 温肺湯合補中益気湯(おんはいとうごうほちゅうえっきとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 母乳が出ない

女  29歳 もっとも治して欲しいこと : 母乳が出ない 今年出産しました。はじめはよく出ていたのですが、ミルクを併用していたらおっぱいが 張らなくなりました。薬局に行ってゴボウの種だかの漢方薬のことを聞きましたが分からない との事でした。 ・肥満 (産後による) ・便秘 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >肥満 (産後による) 産後急に肥満したのですか。 普通は肥るとなお良く母乳が出るものなのに、その反対だとは何かありますね。 母乳とは気血の変化したものです。 気血は「後天の本」と呼ばれる脾胃によって作られます。 その気血が充実していないので母乳が出ないのです。 どうやらうわべだけの肥満で、中身が充実していない様です。 そういうのを「気虚肥胖」といいます。(徒見形体肥胖,実則元気巳虚) 気虚とは「脾胃の気虚」で、消化機能が衰えて「痰湿」という水分や脂肪分を燃焼発散 出来ないので皮下に贅肉となって着いてしまった結果です。(脾運失健而生痰湿) 乳房には衝脉と胃経という経絡が通っていますから、根本的な解決法は 「補気健脾」といって、脾胃の気を補う事の他にはあり得ません。 ゴボウの種とか何とか言うのは原因探求をしない民間薬的な短絡思考です。 (一般にはタンポポの根「蒲公英」が乳の出を良くすると言い伝えられています) おすすめの漢方処方 (1) 通乳丹(つうにゅうたん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 味覚がない

女  37歳 もっとも治して欲しいこと : 味覚がない 全身 : 細かいところまできちんとしないと気が済まない時があるが普段はおおざっぱです      時々不安なことがあると不眠になる 顔面 : 普通  時々水分をとりすぎたりすると瞼がむくむ  めまい  頭痛  鼻づまり      鼻水  クシャミ  耳鳴り 口 唇 舌 : 唇の色が紫色  口が苦いというよりも甘み、塩味、酸味、がほとんど感じない、 あまりに塩、甘いと何となく感じる。1ヶ月ほど前にストレスから三〜四日眠れず食欲がほとんどなく、 あまりたべられなかった。 亜鉛を二週間ほどのみ、様子をみました。徐徐によくなっているような気がします。   口が臭い  歯茎から血が出る  唾液が多い  ときどき口が乾く  口は乾かない 胸 : 食後腹が張る  食間に腸が鳴る  食べてもすぐ腹が減る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  腰が冷える  足が冷える  ときどきむくみがある 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  かゆい  湿疹  さめ肌  若白髪 婦人 : 月経量が少いと思う  月経が遅れる  生理前にヒステリーがないと月経痛がある      血の塊が混じる  おりもの白い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >甘み、塩味、酸味、がほとんど感じない 漢方では『脾は口に開竅する』、『脾気は口に通じ、脾が和なれば口は能く五穀を知る 』 といいます。 従って味覚と関係深いのは脾胃の機能です。 >1ヶ月ほど前にストレスから三〜四日眠れず食欲がほとんどなく、あまりたべられなかった。 脾胃の機能がひどく弱って来ています。 >瞼がむくむ >唾液が多い >食後腹が張る >ときどきむくみがある >おりもの白い これらは総て「脾胃気虚」という証の範囲になります。 以上の事からこれを「脾胃虚弱口淡証」といいます。 おすすめの漢方処方 (1) 香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 胃腸の不快感

女  36歳 もっとも治して欲しいこと : 一番気になるのは胃腸の不快感です。  20才過ぎ、社会人になったあたりからだと思うのですが、腹が張ったり、 痛かったり、おならが多いなどのスッキリしない状態が続いています。 お通じは毎日あるのですが、出きった感じのしないことが多く、夕方になると また少量の便がでます。日によっては2、3度出ることもあります。 食後や空腹時にゲップが多いです。(どちらかというと空腹時のほうが多いです) ダンスの練習をしているのですが体を動かしている時に、へその左横あたりで水が 移動しているような音がしたり、ゲップが多くなるのがとても不快です。 二番目に気になるのはおりものが多いことです。 全身 : さむけ(冷え性、手足の先がしびれる) 汗っかき 顔面 : 鼻づまり  鼻水  クシャミ(花粉症) 口 唇 舌 : たまに歯茎が腫れる  口は乾かない 喉 気管 : 喉が痛い(冬場朝、しばしば) 痰は無い 胸 脇 : たまに動悸がする  吐き気がある(緊張時など) 腹部 : 腹が張る(なんとなく) 腸が鳴る  食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 下痢(しやすい。軟便ぎみ) 痔(一昨年肛門周囲膿瘍の手術)   頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い  手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび(生理前に) 婦人 : 月経が遅れる 月経が早くなる 月経痛がある 血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >ゲップが多くなるのがとても不快です。 >へその左横あたりで水が移動しているような音がしたり、 >お通じは毎日あるのですが、出きった感じのしないことが多く、夕方になると >また少量の便がでます。日によっては2、3度出ることもあります。 >下痢(しやすい。軟便ぎみ) もともと「脾胃気虚」の体質です。 そのために胃気不和の症状としてゲップが断続して出るのです。 そのゲップも弱い音声だと思います。。 >おりものが多いことです。 脾気虚弱だと帯脉の締りも弱くなり陰液を保守できないので帯下が下ります。 おすすめの漢方処方 (1) 健脾散(けんぴさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 口が甘い

男  62歳 もっとも治して欲しいこと : 父の症状について相談します。 今年に入ってから何を食べても甘く感じるようになってしまいました。 担当の耳鼻科医によりますと「味覚障害と思われるが甘く感じるという症例は今まで例がない」 とのことで、治療法や適切な薬がなく困っています。 4年程前にも同じような症状になったことがあり、そのときは亜鉛が不足しているとのことで、 2〜3ヶ月ほど薬を飲んで治りました。 今回の検査では亜鉛不足ではないという結果でした。 命にかかわることではないのですが、食べる楽しみのなくなってしまった父の生活を何とか 改善したいと思います。 全身 : 汗っかき 顔面 : 赤い  耳から汁がでる 口 唇 舌 : 口が甘い  口は乾かない 胸 脇 : 動悸がする(狭心症の病歴あり) 腹部 : 下痢 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >何を食べても甘く感じるようになってしまいました。 >汗っかき >下痢 「味覚障害と思われるが甘く感じるという症例は今まで例がない」 ところがどっこい、昔の人はちゃんと言っています。 「<脾胃の気陰兩虚口甜症>というのは口が甜いのみならず,飲食がすすまず, 口干すれども多くは飲まず,疲れやすく,腹が脹り,大便は不調となる」と。 そしてそれは多くは老化か或いは久病によって脾胃が損なわれ、気陰兩虚となり、 「虚熱」が内生し、脾に蔵されている津液が灼焼された為に口甘となるのである、と。 臨床上は津液が灼かれるので「口干」があります。 且つまた「気短乏力(息切れ動悸)」もありますが、これは何も狭心症が既往にあるから というよりは既に「気陰兩虚」という原因があるからこそ狭心症が起こったと言う方が 筋道でしょう。 「汗っかき」なのも気陰兩虚だからこそ容易に汗をかくのです。 気虚・陰虚の両方の虚を補わないと、これはやはり長期的には命に関わります。 おすすめの漢方処方 (1) 七味白朮散(しちみびゃくじゅつさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 胃痛

女  23歳 もっとも治して欲しいこと : 時々胃が痛くなる 少しでも冷えたり、寝不足が続いたりすると(試験中など)胃が痛くなります。 12歳くらいから半年に一度くらいそうなります。最近はその頻度が上がってきました(3ヶ月に一度くらい)。 胃が痛くなる前日や直前までは胃のあたりがドキドキします。 ひとたび胃が痛くなると、何を食べても飲んでもさらに痛くなるので、痛みがおさまるまで恐くて物がほとんど 食べられません。痛みは上のほうから下腹部の方へ段々降りてきて2日くらいでよくなります。 ズンズンと重い痛みです。いつもお腹を動かすと、グルグル水と空気の音がします。 顔がむくみっぽい いつも顔が真っ白で、それはいいのですが、ぶよぶよと水を沢山含んだような顔をしています。 前の晩に水を飲んだりしたら、目が腫れて大変なことになります。 また、トイレが近く、2時間おきくらいに小用に行きます。 疲れやすい たいしたことをしていなくてもすぐ疲れ、一日中ボーっとして頭が冴えず、すぐ寝てしまい、 やらなくてはいけないこともできません。 全身 : 汗っかき  眠ってばかり 顔面 : 白い  瞼がむくむ  頭が重い 口 唇 舌 : 唇が腫れる  舌苔が厚い 腹部 : 胃の辺りが痛い  腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 頻尿  排尿痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >胃が痛くなる……ズンズンと重い痛みです。 >グルグル水と空気の音がします。 >ぶよぶよと水を沢山含んだような顔をしています。 >疲れやすい 脾胃虚弱で腹中の陽気が不足すると冷えから胃痛が起こります。 その痛みは隠隠としてハッキリしないもので、手で押さえると少しは楽になります。 普段から生冷のものを食べないようにして脾胃の陽気を守ってください。 >トイレが近く、2時間おきくらいに小用に行きます。 脾胃は中央にあって全身の陽気の生産源でもありますから陽気不足では膀胱も冷えて頻尿になります。 おすすめの漢方処方 (1) 四君子湯(しくんしとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ ニキビ/冷え性

男  30歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目 子どもの頃からの冷え性。  冬場は手足が冷えて眠れず、湯たんぽが欠かせません。 「頭熱足寒」と言うのか、夏でも冷房の効いたところでは足が冷たくなり、 冬は暖房の効いたところではのぼせ気味になります。 二番目「ニキビ」 思春期の頃からニキビはありましたが、30歳になってもまだまだ出続けています。 暑くなると酷くなり、寒くなると大分治まります。 30近くになって皮脂が増えたような気がします。顔だけでなく、身体全体で。 それでいて皮膚は乾燥しています。 全身:だるい さむけ 微熱 汗っかき 寝汗をかく 熱しやすく冷えやすい 眠ってばかり 顔面:赤い めまい 頭が重い 目がかすむ 目がまぶしい 耳鳴り 口 唇 舌:口が臭い アフター性口内炎がでる 口が乾く 喉 気管:喉が痛い 声がかすれる 切れにくい痰がある シャックリ 胸 脇:動悸がする 胸が痛い 酸っぱい水が上がる 腹部:胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 大便 小便 陰部:下痢 尿が濃い インポ 頸部 背 手腕肩:手指がしびれる 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪:にきび 抜け毛 若白髪 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 冬場は手足が冷えて眠れず、湯たんぽが欠かせません。 > 下痢 > アレルギー性鼻炎 > 胃の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 脾胃の陽気が虚しています。 > 30歳になってもまだまだ出続けています。 > それでいて皮膚は乾燥しています。 そのために水分代謝が滞り痰湿凝結が起こっています。 いわゆる水毒です。 おすすめの漢方処方 (1) 参苓白朮散(じんりょうびゃくじゅつさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ げっぷが出る

女  23歳 もっとも治して欲しいこと : ここ1年間ぐらいより頻繁にげっぷが良く出ます。  食後から4時間程度続きます。  嘔吐まではいかない程度の胃液の逆流を伴うこともあります、悪心はあまり伴いません。  心窩部から臍上部辺りに不快感があります。  2ヶ月ほど前、10日間ほど、空腹は感じるのですが一口二口で食べたくなくなる事がありました。  食後に下痢が見られました。白に近い黄土色で少量の便が頻回出る状態でした。 全身:気がふさぐ さむけ 熱しやすく冷えやすい 眠ってばかり(眠気を感じる事が多い) 顔面:白い 暖房の効いた部屋などで、足は冷えるが顔はのぼせる 口 唇 舌:唇の色が紫色 舌がもつれる 口が乾くが飲みたくない 喉 気管:喉が詰まった感じ 痰は無い 胸 脇:胸やけがする 吐き気がある 酸っぱい水が上がる ただの水が上がる 腹部:腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:頻尿 痔の出血がある 尿の回数が多い 腰 膝 下肢:足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪:さめ肌 婦人:やや月経痛がある(以前より強い)   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― > げっぷが良く出ます。 > 空腹は感じるのですが一口二口で食べたくなくなる事がありました。 > 食後に下痢が見られました。白に近い黄土色で少量の便が頻回出る状態でした。 胃気虚弱のため食滞を起こすと胃気が上逆して曖気が続けて出ます。 下痢便が白っぽいのは若しかしたらロタウイルス胃腸炎だったのかも。 その時の影響がまだ回復していないのでしょう。 おすすめの漢方処方 A: 健脾散・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次