メール相談例 76
以下の例はすべて 肺陰虚 (体質的な陰虚あるいは熱が津液を損なって肺の粛降作用を失する)
肺腎陰虚 (久病により腎陰を損傷すると呼吸が苦しくなる) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 不妊症と喘息
2. 喘息
3. 肺ガン1,2
4. 嗄声  嗄声/みぞおちのモヤモヤ
  瞼の腫れ/嗄声
5. 慢性鼻閉
6. 頭に血が上り鬱血状態
7. 全身性エリテマトーデス/ループス腎炎
8. 口腔異味/鼻塞/寝汗
9. 慢性咽痛


★ 不妊症と喘息

女  31歳 病名と経過 : 喘息と不妊症で悩んでいます。漢方がよいと聞いて相談いたします。 喘息は高校生のときからです。 季節の移り変わり目になると体調を崩しやすくなり咳がよく出ます。 吸入器が手放せません。足が冷えやすいようです。 不妊症は結婚してから分かったのですが、以前より月経不順と量が少ないというのは有りました。 今、病院に通っていてホルモン治療をしています。 高プロラクチン症状といわれ排卵ができていないとのことでした。 子どもがすごくほしいので体質を漢方で変えられないかと思い立ったのですが・・・ 良いアドバイスがありましたらお願いいたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  喘息につきものの痰のことが書いてありませんが、殆ど出ないものと考えて宜しいですね。 併せて高プロラクチン症による不妊症とのこと。 漢方では、受胎は腎気旺盛、精血充実しておれば、 任脈通じ、衝脈は盛んになり、月経は順調で妊娠することができる。 腎気が虚弱で気血不足し、衝任が失調すれば妊娠することができないと考えています。 あなたの場合は体格から考えて「気血不足」はありえませんから、 不妊の原因は「腎気虚弱」だと思われます。 喘息については、 「肺は気を主り、腎は気を納める」、 「肺は気の主であり、腎は気の根である」と言われるように 肺の降気と腎の納気という共同機能によって呼吸は行われています。 不妊症と喘息の両方を持っているあなたは共通項として 「腎気虚弱」を予想できます。 腎気が旺盛になれば両方ともに解決する可能性もあります。 おすすめの漢方処方 (1) 七味都気丸加味(しちみときがんかみ)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 八仙丸(はっせんがん)・・・・・・・・・・(市販品)

★ 喘息

女  46歳 病名と経過 : 呼吸困難(喘息) 顔面 : 普通  濃い鼻汁 口 唇 舌 : 口が乾く 喉 気管 : ゼイゼイ音がする  呼吸困難 胸 脇 : 動悸がする 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  喘息だけなら肺の病気ですが、他に動悸と口乾があるとこれは肺だけではなく、 肺の病気が腎にまで及んでいる様です。 「肺は気を主り、腎は気を納める」、 「肺は気の主であり、腎は気の根である」 と言われるようにように肺の降気と腎の納気という共同機能によって呼吸は行われています。 肺は腎にとっては母にあたります。(五行説) 従って「母病及子(母の病が子に及ぶ)」、「金不生水(金が水を生ぜず)」のように表現します。 腎は五臓六腑の土台とも言える大変大切な藏です。 病根は深そうです。 おすすめの漢方処方 (1) 七味都気丸(しちみときがん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肺ガン1

男  47歳 もっとも治して欲しいこと : 肺ガン(左肺全摘出)手術後約4ヶ月です。 術後の抗がん剤は医者から、現段階ではせずに、再発してから徹底的にしましょう と言われてます。再発の可能性は高いと。。 現在1ヶ月に1度の検診、異常はありません。 再発を防ぐ為に出来る限りの努力をしたいと思っております。 肺ガンの種類は「腺癌」です。 左肺をとっているため、心臓に負担がかかるので、それも心配です。 全身 : だるい  気がふさぐ  微熱 顔面 : 赤い 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  喉が痛い  声がかすれる  切れにくい痰が ある 胸 脇 : 動悸がする 腹部 : 腸が鳴る 頸部 背 手腕肩 : 腕の痛み  肩の痛み 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹  かゆい  湿疹  抜け毛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >肺ガン(左肺全摘出)手術後約4ヶ月です。 漢方ではガンのことを邪毒だと考えています。 この邪毒が肺を犯したので肺の本来の機能としての宣散と粛降が行われなくなり、 津液は敷布せず積聚して痰となり、「痰凝気滞,血行受阻,気滞血淤,絡脉阻遏」 へと順次に積聚や核へと癌腫の形成が進んでいく事になります。 >だるい  気がふさぐ  微熱 >喉が痛い  声がかすれる  切れにくい痰がある 肺気が阻遏された結果、熱毒が化生し、気と陰を傷耗し、血脉を損傷し、経絡を痺阻 するので発熱、咽痛、嗄声、胸痛、喀血、咳痰などを現します。 漢方の対応としては「化痰軟堅、益気養陰」を主にします。 化痰すれば肺は粛降することが出来ますし、軟堅すれば腫瘤は削消されていきます。 これはとりもなおさず邪毒が取り去られたからです。 肺ガンによって正気が虚すという事は気と陰が不足したという事です。 したがって益気養陰する事が扶正(正気を助ける)の実の内容です。 現代の言葉でいえば「免疫機能」の回復ということです。 この時にもっとも大切なのが“攻邪而不傷正(邪毒を攻めても正気を傷つけず)”、 “養正而不助邪(正気を養っても邪気は助けない)”という事です。 おすすめの漢方処方 (1) 生脉散(せいみゃくさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 肺ガン2

男  51歳 もっとも治して欲しいこと : 2ヶ月位前からすごく咳がでて体調も悪く、右側の肩 や手などにしびれがでるようになりました。 近くの病院で検査をうけたところ肺に4センチくらいの腫瘍が見つかりました。 肺ガン及びリンパにも転移して大事な血管に癒着しており外科手術が出来ない状態です。 いずれ入院して放射線と抗がん剤で治療する予定です。 いろいろガンの利く漢方薬・自然食品がありますが調べれば調べるほどいろいろあり、 何を使用したらよいか、またいろいろな物を一緒に服用して良いのか分かりません。 調べた物はアガリクス・プロポリス・紫イペ・トウチュウカソウ・ヤマブシダケ・メシマコブです。 全身 : だるい  気がふさぐ  怒りっぽい  さむけ  微熱  不眠 喉 気管 : 咳が出る  ゼイゼイ音がする  痰が出る 胸 脇 : 胸が痛い  胸苦しい  脇が痛い 頸部 背 手腕肩 : 背中が痛い  腕の痛み  肩の痛み  手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  しびれる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 漢方ではガンをある種の「邪毒」と考えています。 邪毒とは自然界の六淫(風寒暑湿燥火)や七情(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)およ び食べ物・房労・外傷という三つの原因(内因・外因・不内外因)が交差して生み 出される悪質な(長期的)病邪です。 本来肺は“宣散”と“粛降”の機能を持っています。 皮膚呼吸や発汗作用など肺気の上向きの機能を宣散と呼び、気の出入りである呼 吸や水分代謝により尿利をつけたり大腸から排便する下向きの機能を粛降と呼ぶ。 病因には新旧の2種類があり、新しい病因なら一刻を争ってその病邪を追い出そ うとして正気と邪気が争います。(邪正闘争) しかし長い時間をかけて積もってきた旧い病因だとこの邪正闘争(免疫反応)も不 完全燃焼になります。 これを漢方では「邪の集まるところ必ずその気虚す」と言います。 このように邪毒が肺を犯すと肺の正気が虚し、臓腑の陰陽と気血が乱れ、宣散と 粛降が行われなくなります。 その結果、津液は敷布せず積聚してとなり、痰が凝結すれば気は滞り血もまた 流れず「気滞血淤」となり、次第に積聚や核へと癌腫の形成が進んでいく事になります。 肺気が阻滞されるとやがて熱毒が生じ、気と陰を傷耗し始め、血脉は損傷され、 経絡が痺阻するので発熱、咽痛、嗄声、胸痛、喀血、咳痰などを現します。 このように肺ガンによる咳嗽は「肺陰虚咳嗽」に属し、背景には「陰虚火旺」や 「痰熱」が隠れています。 さて、このように肺ガンの実態を理解してみるとどうすればこれに正しく対処で きるかが分かります。 (1) 邪毒を排除すること (2) 気と陰を回復すること の二つに尽きます。 現在世間で喧伝されているアガリクスやプロポリスやサルノコシカケなどの単用 や併用はみな(1)に属します。(天然物ではあるけれど漢方薬ではありません) 現代化学の抗癌性薬品と大同小異です。 (1)だけに重点を置いて、自分の体力を省みないと必ずや薬物の副作用に会います。 闘病という長い勝負には(1)よりも(2)の方を優先させるか又は(1)と(2)を併用す ることがより大切になります。 漢方ではどんな病気の場合でも必ず辨証分型という思考過程を通らなければ処方 が決まりません。 先に肺ガンは「邪毒+気陰両虚」であると書きましたが、これはもっとも多見さ れる例を言ったまでで、ほかにも色々な分型があります。 例えば 気陰兩虚型 肺脾兩虚型 気血兩虧型 肺腎兩虚型 淤毒型 なども一 つの分類です。 体力の弱った患者さんには細心の辨証分型をしてピッタリと当てないと薬効が出 ないで副作用ばかりが出てしまいます。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 中医辨証分型治療: (1) 気陰兩虚型:生脉散加味…………もっとも多い (2) 肺脾兩虚型:四君子湯加減 (3) 気血兩虧型:当帰補血湯加味 (4) 肺腎兩虚型:麦味地黄湯加味 (5) 淤毒型:竜虎化淤湯 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― おすすめの漢方処方 (1) 生脉散(せいみゃくさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 嗄声

男  35歳 もっとも治して欲しいこと : 一年ほど前から急に声がかすれて発声ができなくなりました。 特に、高い声や大きな声を出そうとしても出ません。 医者に行って検査をしたところ、声帯が片方麻痺していて動かないとの事。 医学名「半回神経麻痺」その神経が麻痺している原因も検査してみたのですが、 甲状腺、肺、共に原因となりそうなところは見つからず、原因不明です。 声帯が動かないので、運動をしたときなど、呼吸困難気味になることがあります。 喉、気管 : 話をしていると喉が詰まった感じ  声がかすれる  咳が出る        呼吸困難  切れにくい痰がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >一年ほど前から急に声がかすれて発声ができなくなりました。 >声帯が片方麻痺していて動かないとの事 《景岳全書》という書物には“声音は臓気より出る。臓が実していれば声は宏大となり、 臓が虚していれば声は怯小となる。”とあります。 また「声の門は肺にあり、声の根は腎にあり」とも言われ、必ず母体には臓があります。 >切れにくい痰がある もともと「陰虚(血・津液が不足しやすい)体質」であると過労によって肺腎の津液が 不足しやすく、虚火が上炎して粘膜が干燥し、咽喉干痛・喉痒痰粘・声帯微紅となります。 おすすめの漢方処方 (1) 百合固金湯(ひゃくごうこきんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

★ 嗄声/みぞおちのモヤモヤ

男  59歳 もっとも治して欲しいこと:  1番目 : お腹の張り感、ミゾオチ付近のモヤモヤ感 特に夕食前にかけて酷くなり疲労感を感じる。  2番目 : 喉の渇き感、痰の絡み、3年前から声がかすれる  前立腺肥大症の薬を飲んでいる 全身: 夕食前に向け胃の不快感が高まる、それで疲労感も高まる 汗っかき 顔面: 普通 口 唇 舌: 口が乾く、舌が白い、舌や頬を歯で噛んだ後治り難い 喉 気管: 声がかすれる、喉に稀に痰が絡み切れ難い 胸 脇: ゲップが良く出る、空腹時にミゾオチ付近にモヤモヤ感あり   腹部: 最近特におならが良く出る、腹が張る、腸が鳴る 大便: 毎朝通便がある 痔出血 小便切れが悪い 皮膚 頭皮 毛髪: 脇が匂う、脇に痒い湿疹が出やすい 冬場足のすねが乾燥肌で粉を拭き痒い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 3年前から声がかすれる > 喉の渇き感、痰の絡み 肺の陰が虚しています。(肺陰虚) 陰虚とは津液(体液・唾液・血液・汗などの水分)の不足です。 汗かきの人がよくなります。 それで粘り気のある痰もからみ、声がかすれます。 > ミゾオチ付近のモヤモヤ感 陰というものは日中に消耗されるので、夕方から夜にかけて症状が出ます。 津液の生産には脾胃があずかり、津液の分布には肺があずかっています。 それでどちらかの陰が虚すと、脾胃と肺に同時に症状が出ます。 ミゾオチのモヤモヤと声がかすれるのは同じ原因によります。 また陰が虚すと陽気(エネルギー)が発生しにくくなるので疲労感が強くなります。 > 脇が匂う、脇に痒い湿疹が出やすい > 冬場足のすねが乾燥肌で粉を拭き痒い 脇は肺の部位で、汗が濃縮されて匂ったり、湿熱化して湿疹になります。 皮膚の保湿性が少なくなった老人性掻痒症への始まりです。 おすすめの漢方処方 (1) 百合固金湯(ひゃくごうこきんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 瞼の腫れ/嗄声

女  62歳 もっとも治して欲しいこと : 1.瞼の腫れ(2ヶ月前から)  2.しゃがれ声(2ヶ月前から) 3.こむら返り(半年前から)  4.腰痛(1ヶ月前にぎっくり腰をしました) 全身 : だるい 気がふさぐ 健忘症(一過性の脳の虚血) 汗をかきにくい 顔面 : 黄黒い 瞼がむくむ 目がかすむ 口 唇 舌 : 口が臭い 舌がもつれる 口内炎がでる 口が乾く 喉 気管 : 喉が詰まった感じ 声がかすれる 痰は無い 飲み込むのが難しく音がする 胸 脇 : 動悸がする 油物を食べると胸やけがする 頸部 背 手腕肩 : 肩の痛み 手指がしびれる(毎朝しびれて動かない) 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 膝が痛い 足が冷える こぶらがえり 皮膚 頭皮 毛髪 : おでき 悪性リンパ腫を治療済み(1年前に抗がん剤治療) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >しゃがれ声(2ヶ月前から) >口が臭い 舌がもつれる 口内炎がでる 口が乾く >喉が詰まった感じ 声がかすれる 痰は無い 飲み込むのが難しく音がする 体液の涸渇から上部(肺経)の滋潤性が失われています。(肺陰虚) >油物を食べると胸やけがする >腰が痛い 膝が痛い 足が冷える こぶらがえり 体液の涸渇は上部だけでなく中部(胃経)にも下部(腎経)にも及んでいます。 >健忘症(一過性の脳の虚血) これは下部の腎虚からくる脳髄の失養です。 >瞼の腫れ(2ヶ月前から) 肺陰虚の表現の一つと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 養陰清肺湯(よういんせいはいとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 慢性鼻閉

男  19歳 もっとも治して欲しいこと : 鼻詰まり 小学校の低学年ぐらいからアレルギー性鼻炎です。 慢性的ですが調子のいいときと悪いときがくり返しになっています。鼻水は出ません。 口の渇きも治したいです。水分をとっても、またすぐに渇いてきます。 それがもとで口臭にもなると思います。 顔面 : 鼻づまり 口 唇 舌 : 口が臭い  口が乾く  口が乾くが飲みたくない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >鼻詰まりです。鼻水は出ません。 >口の渇きも治したいです。水分をとっても、またすぐに渇いてきます。 「肺は鼻に開竅する」「肺は水の上源」「腎は水腑なり」 これは肺腎両虚による鼻塞でしょう。 腎陰が虚すので津液は上れず口渇し、肺陰が虚すので鼻腔粘膜は虚燥して詰まるのです。 おすすめの漢方処方 (1) 増液湯(ぞうえきとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 頭に血が上り鬱血状態

男  66歳 もっとも治して欲しいこと : 2ヶ月前に発病 内科の診断はストレスによる自律神経の乱れ。 当初、神経的なパニック状態で不安、いらいら、不眠がひどかった。 就寝中からほてりがでて、午前中は不調が続くことが多い。 (1)頭に血が上り鬱血状態が続くと思われる。 (2)その結果、鼻,耳,のどの血管が膨らんだ状態が続くので、鼻詰まり、のどのつまり、 頭、耳に圧迫感が出て苦しい状態になる。時にはめまい、頭痛を伴う。 (3)睡眠は、頻尿のため夜3回くらい起きる。 (4)午後は,日によって異なるが、ほてりが出ることもあり、ほてりが出ると午前程 ではないが不調となる。 最近は,鼻とのどのつまりで、鬱血状態が分かる。 興奮状態にあり、脈拍数が常に高い。80前後.血圧は安定している。 全身 : 微熱(36.7度) 不眠(頻尿のため) 顔面 : ほてりの際に赤くなる 頭が重い なみだ目 鼻ズマリ 耳が痛い(圧迫感) 口 唇 舌 : 口が乾く(寝ている間) 喉 気管 : 喉が詰まった感じ きれにくい痰がでる 胸 : 胸が痛い(時々) 腹部 : 腹が張る 大便 小便 : 頻尿 夜間排尿が多い 小便の出が悪い 頚部 背 手腕肩 : 肩の痛み 指がしびれることがある 腰 膝 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : 痒い ただれ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >就寝中からほてりがでて、午前中は不調が続くことが多い。 >頭に血が上り鬱血状態が続くと思われる。 >口が乾く(寝ている間) >足が冷える 煩熱ですね、これは「陰虚(血・津液の不足)」からくる「虚熱」です。(陰虚生内熱) 陰陽の「陰」とは生命を維持する体液などの物質的なものを指します。 陰陽はバランスが取れていないとなりませんが、陰が一方的に不足すると陽気が過剰 になり冷えとのぼせの両方が起こります。 夜は陰分を補うための重要な時間なのに、その役割が果たせていないのでいつまで 経っても補陰ができず空回りしています。 >鼻,耳,のどの血管が膨らんだ状態、鼻詰まり、のどのつまり、頭、耳に圧迫感 鼻と喉は肺の管轄で、耳は腎の管轄です。 肺と腎の陰液の不足からくるアレルギー状態です。 >頻尿のため夜3回くらい起きる 冷えからくるのではなく反対に煩熱が膀胱に迫って尿意を催させるだけで尿量は少ないものです。 >当初、神経的なパニック状態で不安、いらいら、不眠がひどかった。 陰液の不足は心(心陰虚)にも及んでいるので神明(意識)をつかさどる心がバランスを失したのです。 おすすめの漢方処方 (1) 増液湯(ぞうえきとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 全身性エリテマトーデス/ループス腎炎

女  40歳 もっとも治して欲しいこと : 1つは、20年前から膠原病(全身性エリテマトーデス)です。 あまり症状が無く、23歳で無事出産し仕事もしていました。 3年程前にループス腎炎発祥し、パルス療法で3ヶ月入院治療しました。 透析になるよと言われ、仕事は辞めました。現在は毎日だるくて疲れが取れません。 2つ目は、6才くらいから喘息。 大人になってからは、年に1回〜2・3年に1回の発作でしたが、この1年で3回の発作があり辛いです。 その他4年前に椎間板ヘルニアの診断あり。2年半前に子宮頚癌の手術有り。 全身:だるい・汗をかきにくい・眠ってばかり 顔面:赤い・目が痒い 口 唇 舌:口は乾かない 大便 小便 陰部:小便の出が悪い・痔が痛む 腰 膝 下肢:腰が痛い 自宅からの下り坂を500m程歩くと膝が痛い 婦人 月経痛 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 膠原病(全身性エリテマトーデス) > ループス腎炎 > 6才くらいから喘息 肺の病が腎に及んだ、即ち五行の金が水を生まず,母の病が子に及んだという状態です。(肺病及腎,金不生水,母病及子) > 椎間板ヘルニア > 腰が痛い 自宅からの下り坂を500m程歩くと膝が痛い その結果「肺腎陰虚 」になっています。 おすすめの漢方処方 (1) 生脉散+七味都丸(せいみゃくさん+)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 口腔異味/鼻塞/寝汗

男  26歳 もっとも治して欲しいこと : 1) 空腹時に口の中の感じが気持ち悪く、いやな味がする。2年ほど前から。 2) 一年中鼻の通りが良くなく、ひどいときは鼻で一切呼吸ができなくなる。 3) 1年中睡眠時に寝汗が出る 全身:汗っかき 食事中(特に辛い物) 寝汗をかく(1年中 幼少期より続く) 顔面:普通 チック(中学生の時に瞼に) 目がかすむ なみだ目 鼻づまり (一年中 幼少期より ひどいときは口を開けないと眠れない)  鼻水(透明 乾いて出ないときも多く、一年中鼻くそがたくさん取れる) 鼻が乾く(鼻くそがたくさん取れる) 口 唇 舌:唇の色が紫色 口が苦い いやな味がします 口が臭い(飲酒の翌日はひどい)  舌がもつれる(飲酒時はもつれて話せなくなる) アフター性口内炎(2・3か月に一度出る)  歯茎から血が出る(歯磨きをすると) 口が乾く 喉 気管:痰は無い シャックリ(1か月に1回ほど 30分ほどで収まる) 胸 脇:胸やけがする 夕食に動物性蛋白質を多くとると 翌日朝は気持ちが悪い 腹部:食べてもすぐ腹が減る ちいさいころから1食1〜2合のご飯を食べているが普通の人と同じ量ではすぐに腹が減る。 大便 小便 陰部:頻尿 90分に1度 他の人と比べると、1回の排泄における排出量は少ない感じがする。  おねしょ(小学校6年まで続き、今でもストレスが極度になるとたまにある)  痔の出血がある(極めて微量だが たまに出血する 痛みはない) 腰 膝 下肢:足の裏が汗をかきやすい 足が臭い 皮膚 頭皮 毛髪:フケ性 若白髪(1年ほど前に仕事のストレスが強い時期から発生した。今はほとんど見られない。) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 一年中鼻の通りが良くなく、ひどいときは鼻で一切呼吸ができなくなる。 > 幼少期より ひどいときは口を開けないと眠れない > 一年中鼻くそがたくさん取れる 肺の陰虚です。(鼻は肺の竅) > 1年中睡眠時に寝汗が出る 幼少期より続く > 汗っかき :食事中(特に辛い物) > 舌がもつれる : 飲酒時はもつれて話せなくなる > アフター性口内炎がでる: 2・3か月に一度出る 心の陰虚もあります。 そのために心の陽気が抑えられていません。(汗は心液なり),(舌は心の苗) > 空腹時に口の中の感じが気持ち悪く、いやな味がする。口が臭い > 口が乾く > 食べてもすぐ腹が減る: ちいさいころから1食1〜2合のご飯を食べているが、 > 普通の人と同じ量ではすぐに腹が減る。 胃の陰虚もあります。 そのために胃の陽気(胃熱)が抑えられず口渇や飢餓感が出ます。 > シャックリ: 1か月に1回ほど 30分ほどで収まる > 胸やけがする これも胃熱です。 > 頻尿: 90分に1度 他の人と比べると、1回の排泄における排出量は少ない感じがする。 > おねしょ : 小学校6年まで続き、今でもストレスが極度になるとたまにある > 足の裏が汗をかきやすい 足が臭い 陰虚が原因となり内熱が生ずる結果、腎・膀胱にまで火が脅かしています。 全部合わせて生まれつきの「肺心胃腎の陰虚」が原因ですが体質改善は可能です。 おすすめの漢方処方 (1) 増液湯(ぞうえきとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 慢性咽痛

女  28歳 もっとも治して欲しいこと : 冷え性と汗っかきとむくみです。 冷え性はと汗っかきは、もう高校生ぐらいからでした。 むくみも、自分では気にしていませんでしたが、下着の形がつきやすかったり、 体重の割りには見た目がぷよぷよしてるので、むくんでるのかなと思ってます。 体脂肪率は23%ぐらいです。 その他の症状としては、夜中トイレに2回以上いきます。 あと、生理痛がひどいです。 喉が乾きやすく、一日で水や茶を2リットルぐらい飲みます。 扁桃腺が弱く、月一ぐらいで腫れます。 だいたい一年で300日ぐらいは常に喉が痛いです。 あと、アレルギー性鼻炎です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 冷え性と汗っかきとむくみです。 > 夜中トイレに2回以上いきます。 冷えと暑がりといえば正反対のものが表裏していますね。 どちらかが偽者なのです。 > 喉が乾きやすく、一日で水や茶を2リットルぐらい飲みます。 > 一年で300日ぐらいは常に喉が痛いです。 みな熱性の症状ですが、慢性化していることから「虚」が基本です。 裏には陰虚があり、表面には虚熱(虚火)があります。 陰虚を補わなければ仮の症状である、汗っかき・夜中トイレ・口渇・咽痛などは消えません。 おすすめの漢方処方 (1) 養陰清肺湯(よういんせいはいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次