メール相談例 80
以下の例はすべて 腎精虧損 (過労により腎精を失うと気化生血が出来なくなる) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 流産と不妊
2. 月経が遅れる (排卵が遅い) 不妊症
3. 嗜眠症
4. 腰痛
5. 乏精子症(男性不育症)1,2
6. 流産(不妊)
7. 不妊症
8. 足腰が弱く歩けない
9. 頭痛/肩こり/めまい
10. 下肢無力/緑内障/食欲不振


★ 流産と不妊

女  25歳 病名と経過 : 不妊症 そろそろ結婚して9ヶ月が経ちます。 子供が早く欲しくて去年の12月頃初めて妊娠しました。 でも2月に流産してしまい(子供がおなかの中で成長が止まってしまった)その後、 毎月順調に生理もきます。 お医者さんもすぐにでもつくって大丈夫と言ってくれたのですが、なかなかうまくいきません。 狙うタイミングはいいとおもうんです。 今まで基礎体温を測った事がなかったので測ってみたところグラフの線がガタガタで どこが排卵日なのかよく分かりませんでした。(測り方が悪いのかも・・・) 私はもともと冷え性なのですが最近、手足もよくしびれます。 (妊娠しないのと関係があるんでしょうか?) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >狙うタイミングはいいとおもうんです。 漢方では現代医学とは異なる見解を持っています。 「月経が丁度終わるときは‥‥子宮は正に開いており、受精・懐妊の時期なので妙に交わり、 多いに和するべきである。この佳期を過ぎてしまうと子宮は閉じ、受胎しない。」 (『医学正伝』婦人門<求嗣篇>) 月経終了直後の数日間にタイミングを合わせて下さい。 >でも2月に流産してしまい(子供がおなかの中で成長が止まってしまった) >私はもともと冷え性なのですが最近、手足もよくしびれます。 流産癖があると折角の妊娠も水の泡となります。 漢方では流産のことを「滑胎」といいます。 この流産癖の原因は多分、冷え性と関係があるでしょう。 この「冷え性」は単なる冷えに止まらず流産と結びつくとなると、 もっと根深いところからの冷えだと考えなければなりません。 これを「胎寒証」と呼びます。 なぜ「胎寒証」が起こるかといえば、人体の胸腹部を通る経絡に衝脉・任脉の二脉があって、 「衝脉は血海であり、任脉は妊娠を主宰する。この二脉が助け合うことによって子供が出来る。」 と考えており、衝任虚弱は肝腎不足から起こるので根本原因は「肝腎不足」です。 おすすめの漢方処方 (1) 右帰飲(うきいん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 補腎固冲丸(ほじんこちゅうがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 月経が遅れる(排卵が遅い)不妊症

女  30歳 病名と経過 : 一人目を不妊治療で出産後,二人目を希望していますが, なかなか病院に通えないので,まず漢方を試してみたいと思っています。 全身 : 怒りっぽい 顔面 : 普通 大便 : 便秘がち 婦人 : 月経が遅れる(排卵が遅い)不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  主訴の月経が遅れる(排卵が遅い)のは何故かを考えてみましょう。 月経周期が40日以上、ひどい場合は2〜3ヶ月もないものを「月経後期」といって 次の五つの型に分けられます。 一番多いのは血寒型で、血虚型がこれに次ぎます。 1.血寒型 2.血虚寒型 3.血虚型 4.気鬱型 5.痰湿内阻型 あなたの場合は上の分類の内、どれに該当するかお会いしてみなければ分かりませんが、 一応ここでは冷え性でないことから3.血虚型と仮定します。 漢方では「」と「」は互いに変化し合うので同源であるといいます。 ですから生まれつき「先天不足・体質虚弱」であると、 「血虚」にも「精気不足」にもなります。 なかでも生殖に関する場合は「精室虧虚」といって、男性なら「精液希薄・無精子症」に、 女性なら「月経過少・無月経」になります。 また受胎に関しては腎気旺盛、精血充実しておれば、任脈通じ、衝脈は盛んになり、 月経は順調で妊娠することができる。 腎気が虚弱で気血不足し、衝脈・任脈が失調すれば妊娠することができないと考えています。 おすすめの漢方処方 (1) 大補元煎(だいほげんせん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 疎麟珠(そりんじゅ)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 嗜眠症

女  34歳 もっとも治して欲しいこと : ともかく寝ても寝てもいつも眠い。朝おきてすぐ眠い。 足(脚ではなく足の裏)の冷え、ほてりがひどく熟睡できないことがある。 頭がすっきりしている瞬間というのはここ何年か味わったことがなく、想像もできない。 全身 : だるい 気がふさぐ 健忘症 怒りっぽい さむけ 発熱 汗をかきにくい 眠ってばかり 顔面 : 普通 瞼がむくむ 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい なみだ目      目が痛い 口 唇 舌 : 歯茎が腫れる  歯茎から血が出る  口は乾かない 喉 気管 : 切れにくい痰がある 胸 脇 腹部 : 食べてもすぐ腹が減る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  肩の痛み 腰 膝 下肢 : 腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある 足がだるい         無力で歩けない 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : 発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 にきび 抜け毛 フケ性 若白髪 婦人 : 月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >ともかく寝ても寝てもいつも眠い。朝おきてすぐ眠い。 いわゆる『嗜眠症』ですね。 漢方の生理学では「腎は骨髄を生ず。髄は脳に通ず。脳は髄の海である。」と言います。 従って頭脳明晰になる為には“”の働きが完全でなければなりません。 >頭がすっきりしている瞬間というのはここ何年か味わったことがなく、想像もできない。 >全身 : 健忘症 もし腎気が不足すると髄海が空虚になり、めまい、思考遅鈍、記憶力減退、健忘 などの症状が現れてきます。 >顔面 : 頭痛 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい なみだ目 目が痛い 腎は目の瞳孔をつかさどり、肝は虹彩(黒目)をつかさどります。 つまり肝腎の協力によって視覚が働くのです。 ですからこれによって肝腎の病変が推定されます。 >腰 膝 下肢 : 腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 足が冷える むくみがある          足がだるい 無力で歩けない 足の裏がほてる 「腰は腎の外腑」ともいい、腎虚になると「腎虚腰痛」や足の寒熱の調節が きかなくなり、水気の停滞も起こります。 また「腎は作強の官」と言うように足腰の強さは腎に依存しますから 腎虚になるとだるくて歩けなくなります。 >口 唇 舌 : 歯茎から血が出る 「歯は骨の余」です。骨髓を作る腎が虚すれば当然歯や歯茎も弱くなります。 >皮膚 頭皮 : 発疹 斑点(しみ) かゆい 湿疹 にきび 抜け毛 フケ性 かゆい 若白髪 「腎之合骨也.其榮髮也.」で、腎が充実していれば頭髪も栄えるのですが、 衰えると白髪になったり抜けたりします。 また肝腎は“湿”とも深く関連しますから“湿熱化”すれば湿疹・掻痒・ふけ・ニキビ が出やすくなります。 >婦人 : 月経痛がある 「女子は肝を以って先天と為す」で、月経と肝とは対応します。 “肝腎かなめ”と言うように肝と腎は母子関係にありますから腎虚になれば 肝にも影響して月経痛も起こります。 昔の書物には次の様な記載がされています。 "髄海不足,則脳転耳鳴,脛酸眩冒,目無所見,解怠安臥。" (髄海が不足するとめまいや耳鳴りがして、足はだるく、目はかすみ、 解怠のため寝てばかりいる。) おすすめの漢方処方 (1) 左帰丸料(さきがんりょう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 河車大造丸(かしゃだいぞうがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 腰痛

男  47歳 もっとも治して欲しいこと : 腰痛と坐骨神経痛 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  足が冷える  こぶらがえり  足がだるい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 腰痛や座骨神経痛はどうして起こるかという事について古典には次の様に書かれています。 「久視傷血,久臥傷気,久坐傷肉,久立傷骨,久行傷筋,是謂五労所傷」 (長時間視力を使えば血を傷つけ、長時間横たわっていると気を傷つけ、 長時間座っていると肉を傷つけ、長時間立ち続けると骨を傷つけ、 長時間歩くと筋を傷つける。これを五労の所傷という。) つまるところは過労(労損腰痛)です。 これは筋骨活動において気血が失調したためです。 「腰は腎の外腑」と言う様に腰痛と言えば腎との関係が最も疑われるところです。 また「腎は骨を主り、髄を生ず」ともいいます。 「腎が充実すれば則ち骨は強くなる」ので腰痛の治療には「腎虚」を“本治”となし、 外邪、外傷、労累、七情を“標治”とします。 >腰 膝 下肢 : 腰が痛い  足が冷える  こぶらがえり  足がだるい 腎精が「精気虧損」となると腰膝は酸(だるく)痛します。 これを「陰精虧損(精血不足)による腰痛」と言います。 こぶらがえりは筋が血養を失したり、経絡が寒冷により通ぜず、 下肢の血脈の運行が不暢になったために起こります。 おすすめの漢方処方 (1) 通痺止痛湯(つうひしつうとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 乏精子症(男性不育症)1

男  33歳 もっとも治して欲しいこと : 不妊(精子が少なく、動きが悪いらしい) 全身 : 汗っかき、寝汗をかく、足首と腹部がすぐ冷える 顔面 : 普通、目の下が痙攣したり頭痛がしたりする、目が充血、鼻づまり、鼻水 喉 気管 : シャックリ、いびき 腰 膝 下肢 : 腰が痛い、腰が冷える、足首が冷える、こぶらがえり 皮膚 頭皮 毛髪 : さめ肌、にきび −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >精子が少なく、動きが悪いらしい >腰 膝 下肢 : 腰が痛い、腰が冷える、足首が冷える、こぶらがえり 「腰は腎の外腑」といい、足腰が悪いと腎が悪いという事になります。 そして「腎は精を蔵す」もので、古典には次の様に書かれています。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 「男性は八歳になると腎気が充実し、髪の毛が豊かになり、歯が生えかわり、 十八歳になると腎気が盛んになり、精液が溢れ出て、性行為によって子供を 作ることができるようになる。」 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ここでいう腎気には先天的な腎気と後天的な腎気がありますが、 後天的な腎気は後天の腎精によって生化され、 人体活力の源動力となって生殖力も旺盛にります。 男性不育症については 精少,精清、精寒、精熱、精稠、精滞、精弱、精淤、精亡、精絶, などと各種の状態があります。 しかしもっとも多いのは「精清」であって、「腎虚」によって引き起こされた精髄虧損です。 これを「腎精不足・精室虧虚」証といい、精液希薄・無精子症などとなります。 原因は大抵の場合、「先天の腎気不足」という体質的なものです。 おすすめの漢方処方 (1) 益精丸(えきせいがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 亀鹿五子地黄湯(きろくごしじおうとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 乏精子症(男性不育症)2

男  30歳 もっとも治して欲しいこと : 結婚後1年半以上経ちましたが子どもに恵まれず、 夫婦共々検査を受けたところ、夫が乏精子症(1cc当たり1400万の精子数)と分かりました。 全身 : 気がふさぐ 顔面 : 普通  頭痛  目がかすむ  目が痛い  鼻水  クシャミ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >顔面 : 頭痛  目がかすむ  目が痛い 良い体格だし、特別にどこが悪いというのでもなく僅かに上の症状ぐらいなら 誰にでもあることです。 強いて結びつければ「肝は目に開く」から類推して肝腎系に何かがあるのかもしれません。 精子に関する病気としては次の様な分類がされています。  精少、精清、精寒、精熱、精稠、精滞、精弱、精淤、精亡、精絶 精少……精液が少ない 精清……精液が稀薄 精寒……遺精 精熱……精血および副睾丸炎などの後遺症 精稠……精液粘稠不液化症 精滞……射精不能症 精弱……インポテンツ 精淤……打撲などの後遺症 精亡……老化 精絶……老衰 乏精子症とはこの内の「精清」でしょうか、もしこれに該当するのなら やはり肝腎系から考えていくのが筋道でしょう。 漢方では「両腎の間の組織を命門と統称し、元気の発生源である。」、 『命門は精神の舎る所なり。男子は以て精を蔵し、女子は以て胞に系り、 その気は腎に通じる。』と考えています。 「腎は五藏六府之精を受けて之を藏す」という藏精作用があります。 「腎は精を蔵し、肝は血を蔵す」るが、又一方では「血は精から化生される(精血相生)」 ので腎は肝の母にあたり、腎の衰えは肝に及ぶのです。 腎は元陰(腎陰・真陰)と元陽(腎陽・真陽)から成り立っています。 この大元の陰陽は直接には父母から受けています(先天の気)。 その後、少年から青年へと成長するにつれて元陰元陽を種として後天的に 腎の陰陽は完成されていきます。 この過程において腎気に何らかの不足があって「精清」になったとしたら、 その不足していたものを補えば良いのです。 おすすめの漢方処方 (1) 益精丸(えきせいがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 亀鹿五子地黄湯(きろくごしじおうとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 流産(不妊)

女  34歳 もっとも治して欲しいこと : 一週間ほど前に流産しました。 7週目に入ったばかりでした。以前から貧血気味で、たばこも5本〜7本/1日に吸います。 是非今度はちゃんと産みたいんですがどのようなことに注意すればいいですか? 10年前に胃潰瘍のため胃を全摘。胆嚢、膵臓を半分、脾臓、盲腸も摘出。 輸血もかなりしました。 現在は、食事量が標準より少ないこと(1/2〜3/2位)により体力が無いように思いま すが、関係ないでしょうか? 全身 : 気がふさぐ  怒りっぽい  汗をかきにくい  不眠 顔面 : 目が痒い  鼻水 腹部 : 食欲が無い 大便 小便 陰部 : 便秘 腰 膝 下肢 : 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : 湿疹 婦人 : 月経量が少い(年齢のせいでしょうか)、月経が遅れる(40日くらい)  流産しやすい(のではないかと心配) 不妊症(結婚して3年目にして出来た子供だ ったので出来にくいのかも)  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >もっとも治して欲しいこと : 1週間ほど前に流産しました。 流産したことを大した事ではないと軽く考えてはいませんか? これは実は大変な事なのです。 健康な女性なら流産なんてしようと思っても出来る筈がないのです。 >前から貧血気味で、たばこも5本〜7本/1日に吸います。 貧血やたばこだけが原因とは思えませんし、10年前の胃潰瘍の手術が 未だに尾を引いているとも思われません。 この際、はっきりと現在の自分の身体の状態について認識を新たに しておかれたら如何かと思います。 >婦人 : 月経量が少い  月経が遅れる(40日くらい)  漢方では受胎は腎気旺盛、精血充実しておれば任脈は通じ、 衝脈は盛んになり、月経は順調で妊娠することができるが、 腎気が虚弱で気血不足し、衝任が失調すれば妊娠することができないと考えています。 衝脈・任脉というのは子宮の中から起こっている経脈で、 衝脉は血海であり、血を化して月経の源泉となり、 任脉は妊娠を主宰するものです。 この二脉が助け合うことによって子供が出来るというのが東洋的な説明です。 そして衝脈・任脉は共に腎系に所属するので、衝任虚弱は肝腎不足に起因するものと言えます。 「腎は精を蔵し(女子にあっては女子胞を主る)、肝は血を蔵す」るはずが、 肝腎不足の為に月経過少や月経後期となり、また妊娠後も「腎気不固」のため 衝妊二脉を守られずに流産・早産となるのは、これは単に子宮だけの問題ではなく、 生命の根幹にある肝腎かなめの大問題で、将来は免疫力や抗癌性の問題ともつながります。 >全身 : 気がふさぐ  怒りっぽい  汗をかきにくい  不眠 >顔面 : 目が痒い >大便 小便 陰部 : 便秘 >腰 膝 下肢 : 足の裏がほてる すべては「肝腎不足」で説明が可能です。 人体の整合性や小宇宙たる所以に思いを致し、臓器という部品の寄せ集めでは ない事を思い知らなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 大補元煎(だいほげんせん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 八珍湯(はっちんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 不妊症

女  31歳 もっとも治して欲しいこと : 不妊・冷え性・月経痛 全身 : だるい  怒りっぽい  汗っかき  眠ってばかり 顔面 : 赤い   めまい 口 唇 舌 : 舌苔が厚い 喉 気管 : 切れやすい痰が出る 大便 小便 陰部 : 下痢  陰部が痒い(肛門周囲) 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 足が冷える 皮膚 頭皮 毛髪 : かゆい  湿疹 婦人 : 月経痛がある  血の塊が混じる  不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >全身 : だるい  汗っかき  眠ってばかり >顔面 : めまい >婦人 : 月経痛がある  不妊症 上の症状は「腎精不足」から来ていると思われます。 「腎は作強の官」といい、腎虚になると根気が無くなり眠ってばかりという状態になります。 また「腎は骨を主り、髄を生ず、脳は髄の海なり」で、脳海空虚にりれば頭暈・ 健忘・精神萎縮して頭の回転も動作も鈍くなります。 腎気が虚弱で気血不足し、妊娠を主宰する衝脈・任脈が失調すれば不妊症になるのは当然です。 おすすめの漢方処方 (1) 大補元煎(だいほげんせん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 疎麟珠(そりんじゅ)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 足腰が弱く歩けない

女  66歳 もっとも治して欲しいこと : 足腰が弱く、15〜20分歩くと腰や足の付け根などが 痛くなる為に長時間歩けなくて、それならと本人もあまり歩きたがりません。 また、同様に長時間立っているのも痛みがあって辛いとのことです。 尿酸値が高いと医師の診断。 全身 : 汗っかき  寝汗をかく(少し) 顔面 : 普通  目が痒い 口 唇 舌 : 歯茎が腫れる  歯茎から血が出る  口は乾かない 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  咳が出る  痰は無い 胸 脇 : 胸やけがする(油物や甘いものを食した後) 酸っぱい水が上がる 大便 小便 陰部 : 便秘  頻尿  夜間排尿が多い 腰 膝 下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  膝が痛い  脚が痛い        こぶらがえり(脚を伸ばすと) 無力で歩けない 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) かゆい さめ肌(乾燥肌) フケ性  かゆい  若白髪 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >足腰が弱く、15〜20分歩くと腰や足の付け根などが痛くなる為に長時間歩けなく お年寄りにはよくある症状で、誰でもが若い時のようになりたいと思う事の一つです。 なぜ老化するとこのようになるかと言いますと、「腰は腎の外腑」で足腰が弱くなる のは腎虚になるからなのです。 また「腎は骨を主り、髄を生ず」る働きがあります。 だから「腎は作強の官」とも言われ、足腰の強さは腎に依存しているのです。 もっといえば「元気は腎に発生する」程で、腎は五臓の機能活動の根本力である とさへ言い切ることが出来ます。(腎は精を蔵し、精は化して気となる) >頻尿  夜間排尿が多い 夜間排尿が多くなるのも腎の固摂機能が衰えて「腎気不固」となるからです。 おすすめの漢方処方 (1) 虎潜丸(こせんがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 頭痛/肩こり/めまい

女  37歳 もっとも治して欲しいこと : 緊張型頭痛・左肩首筋の強いこり・ふわふわするめまい 全身 : 不眠 顔面 : 普通  めまい  頭痛  頭が重い  目が痒い 胸 脇 : 動悸がする 大便 小便 陰部 : 頻尿 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腰 膝 下肢 : 足が冷える 婦人 : 月経量が少い  月経痛がある  不妊症 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >大便 小便 陰部 : 頻尿 >腰 膝 下肢 : 足が冷える >婦人 : 月経量が少い  月経痛がある  不妊症 腎陽虚の証です。 >全身 : 不眠 >胸 脇 : 動悸がする 心陰の虚です。 >緊張型頭痛・左肩首筋の強いこり・ふわふわするめまい 心腎の陰精が共に虚しています。 「精も根も使い果たした」という表現がありますが、それですね。 おすすめの漢方処方 (1) 左帰丸(さきがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 下肢無力/緑内障/食欲不振

男  17歳 もっとも治して欲しいこと : 神経症状(足がもつれる)  二番目:目の症状(片目は緑内障から弱視になった。(全く痛みはなく、今回反対側の目も眼圧が急上昇し、 何とかステロイドで食い止めている)  三番目:慢性的な食欲不振なので、とにかく体力をつけ、体質を改善したい。 様々な検査をしても、病名特定ができていない。 昨年ステロイドを漸増漸減で2ヶ月内服し、その間肥満した。 その後副作用のせいか、極端な食欲不振、多飲多尿、重度の便秘、極端に痩せ、下肢無力で歩行困難となった。 家族は死も覚悟したが、たまたま服用させた補中益気湯が奏効し、若干食欲が出て、その後数ヶ月間は 日常生活が送れるまで回復した。 先月、再び反対側の目の結膜充血・眼圧上昇、下肢無力、さらに斜頚と激しい症状が出現した 補中益気湯だけは現在も継続服用している。 全身 : だるい 顔面 : 白い 腹部 : 食欲が無い(現在ステロイド大量内服中なので、食欲はほどほどだが全く太れない)    大便 小便 陰部 : 便秘(現在はなし) 腰 膝 下肢 : 無力で歩けない(現在は再びステロイド大量服用しており、ふらつくが歩行は可能) 皮膚 頭皮 毛髪 : かさかさの感 様々な検査をしても、病名特定ができていない。 小さい時からとても小柄で痩せ型だったが、大きな病気をしたことはなかった。 食欲がなく、皮膚が乾燥、疲労感が著しい。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 片目は緑内障から弱視になった。今回反対側の目も眼圧が急上昇し、何とかステロイドで食い止めている > 先月、再び反対側の目の結膜充血・眼圧上昇、下肢無力、さらに斜頚と > 様々な検査をしても、病名特定ができていない。 子供の病気に「五軟」というのがあります。 頭項・身体・口・四肢・肌肉の五者が正常発育できないものです。 軟弱痿廃的なるゆえ五軟或いは弱病・軟病と称します。 この多くは腎気虚弱証で、頭項軟とは、項軟無力で抬挙できず、斜頚となる。 四肢軟とは、手足軟弱・四肢無力で拳握ができない。 口軟とは口軟唇弛,唇薄乏力,咀嚼困難,涎流両頤となる。 肌肉軟とは、全身の肌膚虚軟,皮肉松弛,形体削痩となる。 また多くは智力遅鈍,精神萎糜となる。 これは先天的な「禀賦不足,精気未充,臓腑虚弱」のためである。 おすすめの漢方処方 (1) 補腎地黄丸+補中益气湯(ほじんじおうがん+)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次