メール相談例 83
1. 息切れ(呼吸困難)
2. 喘息/アレルギー性鼻炎
3. 


★ 息切れ(呼吸困難)

もっとも治して欲しいこと : 漢方薬で「突発性肺炎」に効果のあるものはありますか? 医師からは肺が少し縮んでいると診断され、ずっと以前から咳きこみやすい体質です。 現在は少し歩くだけでも息切れがします。 また、高血圧のため現在血圧降下剤を飲んでいます。 歯茎が腫れる  歯茎から血が出る   呼吸困難   胸が痛い  胸苦しい  たまに軽い便秘 足が冷える  足がだるい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 「突発性肺炎」というのが何なのかよく分かりませんが、咳きこみやすく 少し歩くだけでも息切れがして、足がだるくて高血圧だということから推論します。 漢方では「肺為気之主,腎為気之根」といい、呼吸を司るのは肺だけではなく、 腎も肺と同じほどの大切な働きをしています。 即ち腎には腎精を固摂し、肺の気を最終的には腎において納め取るという、 固摂納気という二つの大きな作用があります。 腎の陽気が不足するとこの摂納の作用が不完全になり気が源に帰らず、 「呼多吸少(吐く息が多く、吸う息が少ない)」となり、腰膝はだるく、 「面青肢冷(顔色が悪く、足が冷える)」の様子を呈します。 <漢方まんだら>のページの中の B-5.4腎.肺>A-5寒 腎気上逆083 (腎精を固守できないと気は上逆する) の証パターンが可能性として考えられます。 すなわち「腎気素虚・気虚不摂」という状態だと想像されます。 これに対しては「温養腎気・納気帰腎」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 新加腎気丸(しんかじんきがん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 喘息/アレルギー性鼻炎

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 気管支喘息 私は幼稚園の頃、肺炎で入院し、その後の小学2年の頃より喘息になりました。 これは2、3年で収まったのですが、中学へいく頃よりまた発作が出るようになりました。 結婚して以来、ヒューヒューと呼吸が苦しくて、眠いのに横になれない夜を過ごすようになっています アレルギー性の鼻炎はあいかわらず収まりません。 血圧も昼間で90ー60くらいで立ちくらみも頻繁に起こります(貧血気味) 全身 : だるい  気がふさぐ  汗をかきにくい  不眠 顔面 : 普通  頭が重い  鼻づまり  鼻水  クシャミ 口 唇 舌 : 歯茎が腫れる  歯茎から血が出る 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  呼吸困難  切れにくい痰がある 胸 脇 : 胸苦しい 腹部 : 食欲が無い 大便 小便 陰部 : 咳すると尿が漏れる  夜間排尿が多い  陰部が痒い 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る  背中が痛い 腰 膝 下肢 : 腰がだるい  足が冷える  足がだるい 婦人 : 月経が遅れる  血の塊が混じる  おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >ヒューヒューと呼吸が苦しくて、眠いのに横になれない夜を過ごすように 「肺は気の主,腎は気の根」といい、呼吸をつかさどるのは肺だけではなく腎も 重要な関係を持っています。 腎の主な働きは「固摂と納気」です。 >咳すると尿が漏れる  夜間排尿が多い これは腎の固摂作用が働いていないのです。(腎気不固) >呼吸困難 これは腎の納気作用が働いていないのです。(腎不納気) >腰がだるい  足が冷える  足がだるい また「腰は腎の外腑」と言われるように腎の変化は腰に現われます。 従ってこれは腎の陽虚です。 腎の陽気は全身の「陽」の元でもあるので陽気が不足すると免疫力が衰えます。 >アレルギー性の鼻炎はあいかわらず収まりません。 >鼻づまり  鼻水  クシャミ >血圧も昼間で90ー60くらいで立ちくらみも頻繁に起こります >月経が遅れる すべて腎陽虚で説明ができます。 <漢方まんだら>のページの中の B-5.4腎.肺>A-5寒 腎気上逆083 (腎精を固守できないと気は上逆する) の証パターンが可能性として考えられます。 即ち「腎気素虚・気虚不摂」という状態だと想像されます。 これに対しては「温養腎気・納気帰腎」法を採用するのが良いと思われます。 おすすめの漢方処方 (1) 新加腎気丸(しんかじんきがん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    漢方まんだら