メール相談例 85
以下の例はすべて 胃火上炎 (辛燥のものを過食すると胃中に熱がたまり頭面へ出る/胃火証) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 唇が荒れてかゆい
2-1. 口臭と便秘
2-2. 口臭
3. 便秘/ニキビ/アフター
4. ニキビ
5. 多汗症1,2
6. 脂肪肝/蕁麻疹
7. 歯茎が腫れて血が出る
8. 唾液が多い/咳
9. 口渇/舌痛/鼻干
10. 過食
11. 剥脱性口唇炎


★ 唇が荒れてかゆい

女  年齢不詳

病名と経過 : 半月ほど前から唇が荒れてかゆく、上腕の内側の皮膚もカサカサしています。 整体の先生には脾臓が熱を持っているようだと言われましたが、病院嫌いの私は検査が恐くて、 漢方で治せれば・・と思っています。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  あなたの「唇が荒れてかゆい」状態を現代医学では「剥脱性唇炎」といいます。 > 整体の先生には、脾臓が熱を持っているようだと言われました 確かに漢方では「口唇は脾(胃)の官なり」といって、 脾(膵臓のこと)と胃は口唇と密接な関係があると考えています。 今あなたは辛熱性の食べ物が過ぎて、脾胃に火熱が生じていると考えられます。 そこへ気候が乾燥気味だったので水分の補充が上手く行かなくなったのです。 つまり「胃経が燥熱」の状態になっています。 「燥熱」のために唇の津液が不足すると「」を生じて、掻痒感が起こります。 心配はありません、「唇風」という風邪の一種です。 辛熱性の食べ物を避けて、出来るだけ生野菜や果物を多く摂って下さい。 おすすめの漢方処方 (1) 滋脾飲加減(じひいんかげん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)


★ 口臭と便秘

女  27歳 もっとも治して欲しいこと : 便秘・口臭(鼻からの息も臭い?)、肩こり 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 汗っかき(精神的なもの?) 眠ってばかり 顔面 : 白い  めまい  頭が重い  目がかすむ  目が赤い  目が痛い      唇の色が紫色  舌苔が厚い  口が臭い  舌がもつれる  口が乾く 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  喉が痛い  声がかすれる  切れにくい痰がある 胸 脇 : 動悸がする  胸が痛い  脇が痛い  胸やけがする  吐き気がある 腹部 : 胃の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る  食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 便秘  頻尿  咳をすると尿が漏れる 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 腰が冷える  膝が痛い  足が冷える  むくみがある 婦人 : 月経痛がある とにかく、便秘からくるのか、息が臭いので、周りに気を使って精神的にも疲れてます。 緊張して、脇に嫌な汗をかいてしまったり・・・。 結構楽天的で明るい性格だったのですが、最近はなんか胃の調子も悪く、元気が出ません。 結構夜更かしが多いです。仕事上、ストレスが溜まりやすく、目をかなり酷使しています。 とにかく、憂鬱で昔の元気な自分を取り戻したいです・・・。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 口臭というのは昔から「臓腑積熱」がもたらすものと言われています。 「陰湿留垢之臭」といって、湿熱・食積・痰濁などが原因物質です。 ではその積熱はどこから来たものでしょうか? >便秘 >目がかすむ  目が赤い  目が痛い   >舌苔が厚い  舌がもつれる  口が乾く >胸やけがする  吐き気がある  食べてもすぐ腹が減る >汗っかき(精神的なもの?) 眠ってばかり これらはみな「胃熱」に相違ありません。 知らず知らずの間に「胃腸燥熱」の状態になっています。 その原因は「嗜食辛辣,腸胃積熱」で、ピリ辛の熱性食品や濃厚な味の食品にあります。 それらの火熱性が次第に腸道の津液を枯らしています。 おすすめの漢方処方 (1) 涼膈散(りょうかくさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 口臭

男  33歳 もっとも治して欲しいこと :  数年前からクシャミをすると周りの人が不快を感じる臭い匂いが充満していまします。 唾が腐ったようなにおいです。クシャミしたときに出る唾も臭いです。 服についたらずーと臭いです。 最近はまた胸焼け(お酒も飲まない日も)もひどい時があります。 口の中は口内炎があり、舌の先が炎症して痛いです。 歯磨きすると血がかなり出ます。 顔面:普通 口唇舌:口が臭い  舌がもつれる  口内炎  歯茎から血がでる  口が乾く 喉気管:咳がでる 胸脇:胸焼けがある 腹部:ほうまん感 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >唾も臭いです。 >胸焼け(お酒も飲まない日も)もひどい時があります。 >口内炎があり、舌の先が炎症して痛いです。 >歯磨きすると血がかなり出ます。 《雑病源流犀燭・口歯唇舌病源流》には「臓府に熱が積もると口瘡や口糜となる」とあります。 胃腸の積熱は嗜欲醇酒・過食辛疎煎炙厚味が原因です。 胃は納降をつかさどりますが納降失調すれば胃熱は蘊結し火邪が舌に上蒸して舌瘡となります。 当然、口気臭穢となり、歯茎から出血もするでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 涼膈散(りょうかくさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 女  33歳 もっとも治して欲しいこと: 5年ほど前から口臭がある。 自分では感じないのですが人と話す時相手が鼻を押さえたり顔を背けたり息を止めたりします。 現在胆のうポリープがある事とお腹が張ってよくおならがでます。また鼻の奥がいつも粘ついた感じがします。 体臭 腋臭があり20年前に手術をしています。 寝ている時に歯を食いしばっているようで歯茎に負担が掛かっているとの事。 仕事が不規則で夜勤もあります。殆ど仮眠も取れません。その翌朝は酷い口臭(体臭も)あるようで皆に顔を背けられます。 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 汗っかき 顔面 : 白い 瞼がむくむ めまい 頭痛 目がかすむ 鼻づまり 口 唇 舌 : 口が臭い 歯茎から血が出る 口が乾く 喉 気管 : 声がかすれる 切れにくい痰がある 胸 脇 : 動悸がする 胸苦しい 腹部 : 腹が張る 腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 尿が濃い 腰 膝 下肢 : 腰がだるい 足がだるい 婦人 : 血の塊が混じる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 酷い口臭(体臭も)あるようで皆に顔を背けられます。 > 寝ている時に歯を食いしばっているようで 口臭は胃熱上蒸といって、胃気が口へ上がってくるものです。 歯を食いしばるのも心脾積熱のためで、脾胃の熱が溜まっているからです。 消化器の積熱を解消すれば何とかなるかもしれません。 おすすめの漢方処方 (1) 清胃湯(せいいとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 便秘/ニキビ/アフター

女  23歳 もっとも治して欲しいこと : 便秘 (色々便秘に効果のある方法は試しましたがなかなか自然のお通じがこない) また慢性的にずっと胃腸の調子が悪い状態です。 おかげでニキビが常に頬にあり、口内炎ができやすい。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >便秘(色々便秘に効果のある方法は試しましたが >にきびが常にほほにあり、口内炎ができやすい。 女性の便秘の悩みは枚挙にいとまがありません。 しかしあなたの場合はニキビとアフター性口内炎に特徴がありますので弁証しやすい点があります。 即ちニキビとアフターの両方が存在するところから「胃熱」が推定されます。 胃熱によるニキビというのは「飲食不節」に原因があります。 膏梁厚味のもの(欧米風の食べ物)を過食した結果、「脾胃積熱」の状態になり、 その熱が大腸と肌膚に燥結したせいです。 おすすめの漢方処方 (1) 調胃承気湯(ちょういじょうきとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ ニキビ

女  28歳 もっとも治して欲しいこと : にきび、にきび跡  若い頃はにきびが出来なかったのに、去年の夏頃から、急におでこ一面に小さなぽつぽつが 出来てきて、あっという間に芯がこもったような状態から赤く腫れて痛い、大きなものがおで こ中に出来ました。 なかなか治らず、治っても次から次へと新しいのが出来てきて、常に、赤く腫れたにきびが 5個以上はあるといった状態です。生理前には特にひどくなる傾向があります。 最近は、顎や口の周りにも芯がこもったにきびが出来はじめ、跡もいっぱい残っています。 仕事のストレスもあったし、日焼けがいやで日焼け止めを毎日つけていたというのもあり、 いくつか原因は考えられるのですが、皮膚科に通ったときも、原因はこれといって特定されず、 おでこだけに出来るのは珍しいと言われました。 全身 : 汗っかき  眠ってばかり 顔面 : 黄色い  目がかすむ  鼻水  耳鳴り 腹部 : 腸が鳴る 大便 小便 陰部 : 便秘 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 皮膚 頭皮 毛髪 : にきび  抜け毛 婦人 : 血の塊が混じる  生理痛は全くなし −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >おでこ一面に小さなぽつぽつが出来てきて、 顔面は陽明経の会するところです。 陽明経というのは大腸経・胃経で、また大腸経の裏の関係にあると胃経の裏の関係 にあるもその状態を顔に反映します。 >顎や口の周りにも芯がこもったにきびが出来はじめ、 この辺は特に脾胃の関連です。 漢方ではニキビの原因を肌膚に欝滞した熱が発散しない為に出来ると考えています。 なぜ発散が阻害されるかといえば外表の皮膚が「風邪」を受けるからだといいます。 この風邪というのは広義の「(ふう)」というもので、紫外線とかホコリとかの外的 刺激も含めて言います。 一方で熱が肌膚に欝滞しないように内部から生ずる「内熱」をなくしなければなりません。 (内熱熾盛,鬱滞肌膚) 内熱というのはとりもなおさず脾胃肺大腸の積熱のことです。 >便秘 とうぜん便秘にもなります。 >生理痛は全くなし これにて >生理前には特にひどくなる傾向があります。 これは考えすぎだと思います。 おすすめの漢方処方 (1) 瀉白散+清胃散(しゃはくさん+)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 多汗症1

男  37歳 もっとも治して欲しいこと : 上半身の異常な発汗に悩んでいます。幼いころからです。 後頭部、額、顔、首、胸・肩にひどく汗をかきます。 夏場は動かなくても汗をかき、冬場でも5分も歩かないうちに熱感があがってきて、 汗をかき始め10分も歩けば下着はぐっしょりです。 暖房の効いた部屋に入った瞬間顔から玉のような汗がでて滴り落ちるほどです。 また食事をするときも同様です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >上半身の異常な発汗に悩んでいます。幼いころからです。 メール相談例055の多汗症は「陰虚内熱」という、痩せた人の多汗症について分析したものです。 もう一方ではあまり痩せていない人の多汗症があります。 典型的なのは相撲取りの汗です。 この手の多汗症はたいてい幼い頃からずーっと持続しているものです。 >また食事をするときも同様です。 またそれ程でなくとも食事の時に大抵の人は汗ばむのを経験しています。 それは単に摂取した熱い食べ物以上に沢山の汗をかくものです。 そのメカニズムは何でしょうか? 漢方ではこれを「脾胃積熱」による多汗と考えています。 恣いままに栄養たっぷりの食べ物ばかりを食べているとそのカロリーが分散せずに かたまってしまう事が起こります。(恣食肥甘,鬱而化熱,湿濁蘊結) この分散せずにかたまって発生する鬱熱が熱源となり津液を熏蒸するので蒸々汗出するのです。 なぜ分散しないのかというと脾胃の能力を越えて栄養豊富な食物が入ってくるので 臓腑自体が発熱を起こしてしまうのです。 それが「積熱」というものです。 食物をあっさりした低カロリーのものに代えて且つ積熱と積滞を除去して脾胃の 機能を回復させてやらなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 白虎湯(びゃっことう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬) ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

★ 多汗症1

女  30歳 もっとも治して欲しいこと:多汗症 ここ5年ほどで汗をひどくかくようになりました。 最近では、5分ほど歩いただけで滝のように汗をかきます。(額・首筋・背中・脇・股など上半身全体に) 会社にいても、デスクワークなのですが多量に汗をかきます。 (誰も暑がっていないところでも、汗が出だすと止まらない)(服も汗で濡れてしまうほど) ただ、通常の多汗症と違い、手の平に汗はかきません。(足裏にはかきます) 全身 : だるい 気がふさぐ 怒りっぽい 午後から熱が高くなる 汗っかき 寝汗をかく 不眠 顔面 : 瞼がむくむ 口 唇 舌 : 歯茎が腫れる 歯茎から血が出る 唾液が多い 口が乾く 腹部 : 胃の辺りが痛い(夕食後) 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頻尿 夜間排尿が多い 脱肛 頸部 背 手腕肩 : 肩の痛み(肩こり) 腰 膝 下肢 : 足の裏がほてる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >ここ5年ほどで汗をひどくかくようになりました。 >最近では、5分ほど歩いただけで滝のように汗をかきます。 肥満の人が栄養過多で胃に「積熱」が溜まって多汗になるのも、 痩せた人がそんなに食べていないのに辛いもの、脂っこいもの、甘いもの等を 取りすぎて「胃火」が生じて多汗になるのも、共によく似ています。 >歯茎が腫れる 歯茎から血が出る 唾液が多い 口が乾く >胃の辺りが痛い 歯茎は胃腸の経絡が走る道筋で、これは後者の胃火に当てはまります。 おすすめの漢方処方 (1) 白虎湯(びゃっことう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 脂肪肝/蕁麻疹

男  42歳 もっとも治して欲しいこと : 脂肪肝 飲酒は晩酌はしないが飲み会には二日酔いになるくらい飲むことがある。 食事は普通ですが運動不足と思う。 顔面 : 目が痛い時がある 気管 : 切れやすい痰がでる 皮膚 : 飲酒すると湿疹、じんましんがでる  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >飲酒すると湿疹、じんましんがでる 飲酒による蕁麻疹は摂取した飲食物が結果的にアレルゲン(腸胃積熱)になったという事です。 それが皮膚組織に止まり外へも内へも疏泄されないので湿疹や蕁麻疹になるのです。 >切れやすい痰がでる 喉から出てくる痰だけではなく、体内の「津液」が病的に変化したものを“”といいます。 漢方では「飲食過多で道楽にふけり、大声を張り上げてひどく疲れ、運動が適当でなけれ ば、津液が巡らず、集まって痰飲になる。」と言われています。 痰飲は変幻自在に離合集散し全身の内外を動き回るもので、これが内在する“積熱” と結びつくとアレルギー症状などの原因不明な疾患に発展する事が多いものです。 >脂肪肝 脂肪は痰飲の典型的なものです。 これが同様に内在する“積熱”と結びついて脂肪肝を形成するものと考えられます。 まず原因としての「腸胃積熱」を解消しなければなりません。 おすすめの漢方処方 (1) 防風通聖散(ぼうふうつうせいさん)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 歯茎が腫れて血が出る

男  35歳 もっとも治して欲しいこと : 一番目は歯茎が腫れて血が出ます。(半年前から急に) 二番目はいつも眠く、動いていないと意識が保てず、会議などで座ったままだとすぐ意識 が落ちてしまいます。(かなり昔、20年前から) 三番目は足が疲れてむくみ、筋肉痛のように痛いのです。(一昨日から急に) 背中が痛い  足がだるい −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >歯茎が腫れて血が出ます。(半年前から急に) 歯茎は胃大腸の経絡が通るためここに積年の熱があると腫脹します。 積熱はおもに辛辣の物の過食が原因です。 その熱も徐々に溜まったものなら実熱ではなく虚熱になります。 >いつも眠く、足がだるい 見掛上は胃熱で現れていても、経絡的に胃の裏は脾なので「脾虚」が背景にあります。 「脾は四肢をつかさどる」ためでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 補土瀉陰火昇陽湯(ほどしゃいんかしょうようとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 唾液が多い/咳

男  30歳 もっとも治して欲しいこと : 唾液の量が多いこと 半年くらい前から疲れたときなどに唾液が止まらない症状が出始め、最近では一日中止まらなくなる日もあります。 唾液が出続け常に飲み込まなければならない状態です。 また、唇や舌がひりひりします。喉が渇きます。唾液の量を正常に戻せないでしょうか? 二番目:昨年11月頃に風邪をひいたのですが(症状:咳のどの痛み)、いまだに喉に違和感があり時々咳がでます。 全身 : 汗っかき  寝汗をかく 口 唇 舌 : 唾液が多い  口は乾かない 喉 気管 : 喉が詰まった感じ  咳が出る −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >唾液が出続け常に飲み込まなければならない状態です。 >また、唇や舌がひりひりします。喉が渇きます。 唇や舌は脾胃と心の兆候が現れる所で、これは熱の表現です。(脾胃伏火or心胃火盛) 脾胃に熱がこもる原因の多くは辛いものや脂濃いものを多食したからです。 その火熱が上って唾液腺を刺激するので津液外溢して流涎となります。 《霊枢・口問篇》にも"胃中有熱……故に涎下る"と説かれています。 この場合、常に口舌生瘡、舌質紅赤、唇頬糜爛などの実熱の象が伴います。 急いで脾胃の実熱を清解しなければなりません。 >昨年11月頃に風邪をひいたのですが……いまだに喉に違和感があり時々咳がでます。 おそらくその脾胃の熱が関与して気管支や喉に炎症を残しているのでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 麦門冬湯(ばくもんどうとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 口渇/舌痛/鼻干

男  35歳 もっとも治して欲しいこと : 口内(舌のしびれ・喉の渇き) 花粉症が原因なのか、鼻の中から喉にかけて「カラカラ」に渇き、水を飲んでも直ぐに渇く。 年末にお酒を飲む機会も多く、舌の上、舌先、舌の横が痛く痺れ、歯に当たってるのか?歯型がつく。 舌癌?以前はお酒を飲んでもこんな事は無かった。 11月より食事を減らし体重を93kgから79kgまで落としました。これも関係してるのか? 喉の渇きもあり、一日3リットル以上水分補給する。 その他の身体状況: 水分を沢山取るので、夜中もしょっちゅうトイレ通い。寝不足 顔面: 白い 目がまぶしい 鼻が乾く(喉まで) 口 唇 舌: 唇が腫れる 舌苔が厚い 舌がもつれる(痛くてうまく喋れない時ある) 口が乾く 喉 気管: とにかく渇く 大便 小便 陰部: 便秘 大して食べて無いのにオナラが酷く臭い 夜間排尿が多い −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 鼻の中から喉にかけて「カラカラ」に渇き、水を飲んでも直ぐに渇く。 > 喉の渇きもあり、一日3リットル以上水分補給する。 > 便秘 大して食べて無いのにオナラが酷く臭い > 年末にお酒を飲む機会も多く、舌の上、舌先、舌の横が痛く痺れ 余程 暴飲したのでしょう、胃腸に大量の熱がこもっています。 これを「燥熱内盛」による陰虚といいます。 熱を去ると同時に失った陰液を補わなければなりません。 手当てが遅れると間違いなく糖尿病になります。 おすすめの漢方処方 (1) 玉女煎(ぎょくじょせん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 過食

女  22歳 もっとも治して欲しいこと : 過食。 いらいらしたりストレスがたまると食パンなどを食べるようになった。 最初は、満腹になると食べるのをやめたが、だんだん満腹感を感じなくなった。 気持ち悪くなるまで食べるようになって、そのうち気持ち悪くなっても食べるようになった。 暖房やコタツに入っていると顔が異常にほてる。 おなかがはり、くさいガスが出る。 おできが増えました。フケ性はひどくなっていません。尿が濁るのは時々で、夜が特に多いです。 全身 : 気がふさぐ 汗っかき 寝汗をかく 眠ってばかり 顔面 : 普通 瞼がむくむ 顔面痙攣 頭痛 頭が重い 目がかすむ なみだ目 耳が痛い(左) 口 唇 舌 : 歯茎から血が出る 唾液が多い 口が乾くが飲みたくない 喉 気管 : 喉が詰まった感じ ゼイゼイ音がする 胸 脇 : 胸苦しい 脇が痛い 脇が詰まった感じ 腹部 : 腹が張る 腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部 : 便秘 頻尿 小便の出が悪い 切れが悪い 尿が濁る 頸部 背 手腕肩 : くびや肩が凝る 腕の痛み 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢 : 膝が痛い しびれる 皮膚 頭皮 毛髪 : 斑点(しみ) かゆい 湿疹 おできや化膿 にきび フケ性 婦人 : 生理を薬で起こしている(ホルモン剤) 月経が遅れる 月経が早くなる 月経痛がある      月経が来ない 血の塊が混じる おりもの −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 最初は満腹になると食べるのをやめたが、だんだん満腹感を感じなくなった。 食べても食べても幾らでも入るのは「善食易飢」または「中消」と云われています。 > 暖房やコタツに入っていると顔が異常にほてる。 > おなかがはり、くさいガスが出る。 > 汗っかき > おできが増えました。フケ性はひどくなっていません。尿が濁る もともと怒りっぽかったり、ストレスを感じやすい人は 「肝鬱化火」といって肝気が鬱滞して熱化し、それが胃を犯して「胃熱」に変わり、 その熱が穀物を消化するのでどんどん腹が減ります。 悪くするとこれがきっかけで糖尿病に進む場合もあります。 おすすめの漢方処方 (1) 玉女煎(ぎょくじょせん)加味・・・・・・(煎じ薬)

★ 剥脱性口唇炎

女  33歳 もっとも治して欲しいこと : 食事をする度に唇と周囲の皮がポロポロと剥がれ、ジンジンと痛み痒く赤くなる。 10ヶ月ほど前から唇の両脇が荒れ始め、2,3ヵ月後に食事の後に唇のふちに沿って腫れて水泡が プチプチとできはじめ、周囲にも広がりひどいと黄色い汁がでる。 さらに食事の後に皮がポロポロ鱗のように取れ始める。 現在は唇のふち、鼻下、あごのあたりが皮剥け、アトピーのようなかさかさ皮膚になっています。 全身:午後から熱が高くなる 熱しやすく冷えやすい 顔面:普通 鼻が乾く 口 唇 舌:唇が腫れる 舌苔が厚い 口が苦い 口は渇かない 胸 脇:胸が痛い 胸苦しい 腹部:胃の辺りが痛い 臍の辺りが痛い 食べてもすぐ腹が減る 大便 小便 陰部:尿が濃い 頸部 背 手腕肩:背中が痛い 腰 膝 下肢:腰が痛い 腰がだるい 腰が冷える 皮膚 頭皮 毛髪:かゆい 婦人:月経痛がある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 剥脱性口唇炎 > 10ヶ月ほど前から唇の両脇が荒れ始め、 > 食べてもすぐ腹が減る これらは「胃火」の存在を示します。 「剥脱性口唇炎」のブログを参照してください。 おすすめの漢方処方 A: 瀉黄散加味・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次