メール相談例 88
以下の例はすべて 脾湿生痰 (脾の消化機能が衰えると湿滞となり痰を生ずる)
痰濁上逆 (痰湿が胸中にあると清濁の昇降が出来ない) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 高血圧1
2. 高血圧2
3. めまい/はきけ
4. めまい/下痢
5. 倦怠感/めまい/不眠
6. インポ/腹満/不眠


★ 高血圧1

男 45歳 病名と経過 : 3年前より高血圧(160/110)、昨年くも膜下出血きたし、脳動脈の塞栓術を行う。 以後、降圧剤(Ca拮抗剤、ACE阻害剤)にて血圧コントロールするも最高血圧は140前後であるが、 最低血圧が100以下とならない。 また、肩こりひどく、右半身のしびれもある。 全身 :  健忘症  怒りっぽい 不眠 顔面 :  普通 頭痛 耳鳴り 口唇舌 :  口が臭い 舌がもつれる アフター性口内炎がでる 喉 気管 :  喉が詰まった感じ 痰はない 胸脇 :  動悸がする 大便 小便 陰部 :  陰部が痒い 頚部 背 手腕肩 :  くびや肩が凝る 肩の痛み 手指がしびれる 腰 膝 下肢 :  しびれる 皮膚 頭皮 毛髪 :  斑点 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  高血圧といってもこれは病名ではなくて検査結果の一つに過ぎません。 高血圧に至るにはいくつもの過程があります。 その過程がどんな原因によって起こっているかを見極めなければなりません。 >口唇舌 :  舌がもつれる >喉 気管 :  喉が詰まった感じ >頚部 背 手腕肩 :  肩の痛み 手指がしびれる >腰 膝 下肢 :  右半身しびれる これらの複数の症状を引き起こす共通のものは“”です。 痰とは津液が煮詰まったもので、あらゆる所に入り込み異常な証を多発します。 経絡に流れ込めば四肢の硬直・しびれ・関節腫脹となります。 中風で口や眼が斜めになったり半身不随になるのも濁痰のなせる業で、 これを「痰欝気結」の証といいます。 「喉が詰まった感じ」も漢方では古くから注目されていて“梅核気”といい、 痰気が喉に欝結するものと説明しています。 >全身 :  不眠 >顔面 :  頭痛 耳鳴り >胸脇 :  動悸がする この三つの症状も痰が原因となる可能性があります。 何故痰が生成するのでしょうか? 津液を気化させるのは脾胃の働きです。 「脾虚失運」とか「脾陽不振」などの脾胃の機能不全が原因となって津液の気化に異常を来し、 津液は停滞して痰となります。 痰の病変は実に様々で一口には言えないところから昔の人は「痰は怪病を為す」と言っています。 大雑把な表現になりますが「痰が人体の陰陽を乱す事によって高血圧が起こっている」 と言う事になります。 おすすめの漢方処方 (1) 黄連温胆湯加減(おえれんうんたんとうかげん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 加味温胆湯(かみうんたんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 高血圧2

男  50歳 もっとも治して欲しいこと : 高血圧(180/100) 全身 : 汗っかき 矛盾しますが、寒気があるときもあります。 顔面 : 赤い 口 唇 舌 : 口が乾く 胸 脇 : 動悸がする  胸やけがする 腹部 : 胃の辺りが痛い  腹が張る 大便 小便 陰部 : 便秘   頻尿  出が悪い  切れが悪い 腰 膝 下肢 : むくみがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : 1996.1.24 の『中国中医薬報』に「高血圧のさまざま」という記事が出ています。 以下引用 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 漢方では高血圧を肝・腎・心・脾の正気虚を病のとし、 風・痰・気・火を病のとしている。 本虚から言えば肝陰不足・心脾血虚及び腎虚が多い。 肝陰が不足すれば肝陽は上亢して肝風が内動し、風陽が上で騒ぐ。 心脾が血虚で気血が脳を栄養しないと腎虚・髄海不足となり、 頭痛・耳鳴り・眩暈を起こす。 脾虚から中焦の不化となり痰濁が上犯することになる。 古人は言っている「痰さへ無ければ眩をなさない」と。 (1)肝陽が上亢すると体内の陽気が盛んになる。 怒りが肝火を動かしたり、或いは気鬱が火に化して肝陽の上亢をもたらす。 陽は動を主り、升を主る。 肝陽が上亢すると肝火が風を生じて発病する。 凉血瀉火・平肝熄風を治法として竜胆瀉肝湯加減を選ぶ。 (中略) (2)高血圧患者の中で腎精虧虚の者は大抵は先天不足・腎精不充・腎精虧損である。 腎は髄を主り、脳は髄の海である。 髄海が不足すると耳鳴・眩暈となる。 その外、腎虚して養肝できなければ肝陽が動きやすくなり、虚風が上を騒がせる。 滋腎填精・養肝熄風を治法として杞菊地黄丸加減を選ぶ。 (中略) (3)高血圧患者の中で痰濁が上犯する者は肥満体型で、 甘い物を好んで脾胃を傷り、湿が集まって痰となり、 痰濁が壅盛となると肝風に痰を挟んで発病する。 その外、痰濁が経絡に流注すると気血の運行に影響し、 肢体を麻木したり半身不随になる。 化痰降濁・調肝健脾を治法として旋赭滌痰湯加減を用いる。 (中略) このように高血圧には肝陽上亢・陰虚肝旺・風痰上擾が多く、相互に転化する。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― >胸 脇 : 胸やけがする >腹部 : 胃の辺りが痛い  腹が張る >腰 膝 下肢 : むくみがある かなりの肥満体であることと全身状態から判断すると(3)の 「痰濁が経絡に流注すると気血の運行に影響し」という痰濁型に分類されます。 おすすめの漢方処方 (1) 黄連温胆湯加減(おえれんうんたんとうかげん)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 旋赭滌痰湯(せんしゃじょうたんとう)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ めまい/はきけ

女  38歳 もっとも治して欲しいこと : めまい、はきけ めまい、疲労感がひどく、それがだんだんと悪化して気持ちわるくなり食欲が無くなって、 体重が5キロほど減ってしまいました。 めまいはグルグルではなく、ふわふわした感じで、時折グラっとする感じもします。 その他冷えや目のかすみもあり、「自律神経失調症」と診断されました。 無理に食べると気持ち悪くなって吐き気もしてしまいます。 10年ほど前から胃腸の調子が悪く、食欲不振、胃もたれ、吐き気などを感じつつ、 ごまかしごまかし今に至っています。 胃の調子がいい時が少なく、すっきりとした感じがなく、「おなかがすく」という感覚も ありません。そして、特に最近は便意を催した時に、吐き気とめまいを覚えることが多く、 それも突然に来るので対処に戸惑います。 全身 : だるい・やや気がふさぐ・汗をかきにくい 顔面 : 白い・めまい・時々頭痛・頭が重い・目がかすむ 口 唇 舌 : 口は乾かない 喉 気管 : 痰はない 胸 脇 : 吐き気がある 腹部 : 食欲がない 大便 小便 陰部 : 便秘 頚部 背 手腕肩 : くびや肩がこる・足がやや冷える 婦人 : 月経量が少ない −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >めまい、疲労感がひどく、吐き気もして >10年ほど前から胃腸の調子が悪く、食欲不振、胃もたれ、吐き気などを感じつつ、 脾胃の働きが損傷していて「痰湿」が胸腹部に停滞しています。 そのため気の流れが悪くなり、「満悶嘔悪,不思飲食,身重」という症状が起きています。 これを「痰濁中阻頭暈」といいます。 >その他冷えや目のかすみもあり、 脾胃の働きを阻害したのは「七情鬱結」つまりストレスです。 気の停滞は胆の疏泄機能が失われたという事です。 「気欝生痰」といい、できた痰濁が胆経にたまると肝陽を動かし、そのために頭暈目眩が起 き、目のかすみも起きます。(肝は目に開く) おすすめの漢方処方 (1) 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ めまい/下痢

女  40歳 もっとも治して欲しいこと : めまい・下痢(腹痛)  3年前からふわふわとかクラッとするめまいに悩まされています。 下痢は10年くらいまえから。内科では過敏性大腸炎と診断で薬を飲むが、治ったりまた再発の繰り返し。 全身 : だるい 気がふさぐ 健忘症 微熱 午後から熱が高くなる 汗をかきにくい 顔面 : 赤(黒)い めまい 頭が重い 目がかすむ 目が赤い 目がまぶしい 耳鳴り 耳が痛い 耳から汁がでる 口 唇 舌 : 唇が紫色 口が苦い 口が臭い アフター性口内炎 歯茎から血 口が乾くが飲みたくない 喉 気管 : 呼吸困難 切れやすい痰が出る 胸 脇 : 動悸がする 脇が詰まった感じ 胸やけがする 吐き気がある 腹部 : 腹が張る 腸が鳴る 食欲が無い 大便 小便 陰部 : 便秘と下痢をくりかえす 頻尿 咳で尿漏れ 小便の出が悪い 尿が濁る 尿が濃い 頸部 背 手腕肩 : 肩の痛み 腰 膝 下肢 : 腰がだるい かかとが痛い 足がだるい 足の裏がほてる 皮膚 頭皮 毛髪 : 湿疹 さめ肌 抜け毛 若白髪 婦人 : 月経量が多過ぎ 月経が遅れる 血の塊 おりもの 子宮筋腫 乳房にしこり(生理前) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > ふわふわとかクラッとするめまい  耳鳴り > 吐き気がある 腹が張る  腸が鳴る  食欲が無い > 月経量が多過ぎる  月経が遅れる  おりもの 脾は清気を上げ、胃は濁気を下し、身体の中央で気の昇降をつかさどっています。 この脾胃の消化機能が損なわれて痰濁が生じています。 清気が上がらないとめまい・耳鳴りとなり、また月経量やおりものは増えます。 濁気が下らないと吐き気や腹脹となり、食欲はなくなります。 > 過敏性大腸炎 便秘と下痢をくりかえす 脾胃の消化機能が回復すれば自然に無くなるでしょう。 おすすめの漢方処方 (1) 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 倦怠感/めまい/不眠

男  51歳 もっとも治して欲しいこと : 1,倦怠感 半年前にめまい(机の中の物を取り出そうとして)で転倒して以来、軽いめまいや、 ふらつきがあり、頭痛がある。次に述べる慢性前立腺炎と関係あるかも知れませ んが、倦怠感がそれ以来、ひどくなっています。 転倒した際、内科、耳鼻科、脳外科の診察を受けましたが、特に気になるところ はないのでもう少し、様子をみようということにしてます。 しかし、倦怠感が毎日のように続いており、午後になると眠気や頭痛を伴います 寝つきも悪く睡眠薬を飲んで約五時間くらいは眠れていますが、その後うとうと で朝を迎えてスッキリしない毎日です。    2,慢性前立炎 昨年の暮れ頃に分かったのですが、泌尿器科に詳しく話したら慢性前立腺炎とい う診断でした。症状については、8年くらい前からで、軽かったのですが、 昨年末から症状がひどくなって泌尿器科に相談しました。 局部の強い不快感があり、倦怠感にも連動しているようにも思えますがどうでし ょうか。夜は2〜3回トイレに行きます。   3.不眠症 これもつらいです。倦怠感のところで述べてあるとおりです。 4,その他 健康診断、ドッグでは特に指摘されておりませんが、汗をかきやすく、ほてりが あって冬季でも手足を出して眠っております。また、年中手足がべたついています。 なお、食欲はありますが胃腸もあまりよくりませんし、便通も良くなく、 腸がなります。ただトイレは一日一回は行くようにしています。 ※最近は時々動悸もあります。 ※顔と頭皮に湿疹が出やすいです。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >汗をかきやすく、ほてりがあって冬季でも手足を出して眠っております。 >年中手足がべたついています。 >胃腸もあまりよくりませんし、便通も良くなく、腸がなります。 >顔と頭皮に湿疹が出やすい まず「湿熱」の存在が観察されます。 >倦怠感 >めまいや、ふらつきがあり、頭痛がある。 >午後になると眠気や頭痛を伴います >寝つきも悪く 不眠症 脾胃の働きが悪くなると飲食の不消化物として「痰湿」という中間物が出来ます。 これが病邪となって生体の気の流れを阻害することがあります。 漢方では「痰湿中阻,清陽不升,濁陰不降,故頭暈嗜睡,且感沈重」と表現されています。 (痰湿が脾胃で停滞すると気の流れが阻害されて清んだ陽気が上らなくなり頭暈が 起きる。気の流れが悪いと老廃物である濁陰も下へ排泄されないので尿の出が悪く 中に溜まったままでは日中はだるくて眠ってばかりおり、体は重く沈むようである) 痰湿が胸腹部に停滞すれば「満悶嘔悪,不思飲食」(はきけ・食欲不振)となり、 厚い舌苔が生えますが、どうですか? >局部の強い不快感があり、倦怠感にも連動しているようにも思えます 痰湿の停滞が長引くと熱化してきて「痰熱」や「湿熱」になります。 湿熱は腎や膀胱にとっては邪となり「局部の強い不快感」を感じるでしょう。 また痰熱は心経絡を不安にして「痰熱擾心不寐」の症になります。 おすすめの漢方処方 (1) 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ インポ/腹満/不眠

男  36歳 もっとも治して欲しいこと : 1.最近急に性欲が減退してどうもインポの傾向がある。 ここのところ体重が急に増えて、食事をしてない時でも腹部に膨満感があり腹鳴りもありま す。 食欲不振で食事の前に吐き気がすることがしばしばあります。 右目のまぶたがぴくぴく動くのですが何か関係があるのでしょうか。 口の中が渇くことが多く、唇が厚く紫色になることがしばしばあります。 2.夜になっても頭が冴えて眠れるずに不眠症に陥っています。 全身 : だるい  気がふさぐ  汗っかき  不眠 顔面 : 普通  頭痛  耳鳴り 口 唇 舌 : 唇の色が紫色  唇が腫れる  舌がもつれる  アフター性口内炎がでる         歯茎が腫れる  口が乾く  吐き気がある 腹部 : 腹が張る  腸が鳴る  食欲が無い 大便 小便 陰部 : インポ −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >性欲が減退してどうもインポの傾向が あわてて強壮剤などを買って飲まないでください、原因をなくすれば済む事ですから。 >ここのところ体重が急に増えて、食事をしてない時でも腹部に膨満感があり >食欲不振で食事の前に吐き気がすることがしばしばあります。 痰飲が上腹部に欝滞しています。 >頭が冴えて眠れるずに不眠症に それも長引いて熱化して「痰熱」となり、心神をおびやかして睡眠を妨げています。(痰熱蘊積擾心) おそらく食べ物の不摂生で脾胃の消化機能を損なったからでしょう。 >右目のまぶたがぴくぴく動く 上瞼は脾のつかさどる所、下瞼は胃のつかさどる所です。 この部位に痰熱蘊積の異常があり、熱は風(痙攣)をさそっています。 >口の中が渇くことが多く、唇が厚く紫色になる 口乾は津液の不足で、即ち痰飲が生じた結果です。 上下の唇はこれも脾胃のつかさどる所です。 おすすめの漢方処方 (1) 導痰湯(どうたんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次