メール相談例 90
以下の例はすべて 飲邪上凌 (飲邪が胸中に停滞すると上焦に陽が巡らない) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 強膜炎
2. 慢性咽頭炎


★ 強膜炎

女  56歳 もっとも治して欲しいこと : 10年前よりの強膜炎  治療の決め手が無く、特に秋から冬の変わり目が充血し痛みがでる。  痛みの強い時はステロイド服用、眼科でも原因不明 身体症状 : のぼせ 顔がほてる 強い肩こり、背中のこり 腰がだるい 膝がだるい 痰は薄くて切れ易い 腸が弱く、10年らい下腹が痛くなって下痢2回/日 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 目が充血し痛みがでる。 > 腸が弱く、10年らい下腹が痛くなって下痢2回/日 脾の陽気が足りないと水分代謝が悪くなり、湿濁が生じます。(脾陽不振,湿困中土) 上へ昇ろうとする陽気を湿濁が塞ぐので、目は陽気を得られずよく見えなくなります。 おすすめの漢方処方 (1) 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)加味

★ 慢性咽頭炎

女   歳 もっとも治して欲しいこと : 冷えたり、ちょっとした刺激(たばこの煙、排気ガス、ホコリなど)で直ぐに喉が痛くなる ことで、医者からは慢性咽頭炎と診断されています。 疲れやすく、スタミナもなく、夜は、9時頃に眠くなってしまいます。 これといった病気は無いのですが、なんとなく不調です。 耳が痒くてかくと汁が出る。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : > 直ぐに寒気がして喉が痛くなる 慢性咽頭炎 > 疲れやすく、スタミナもなく、夜は、9時頃に眠くなって 風寒の邪が体表を襲ってかぜを引くのは間違いありませんが、繰り返し何度も同じ状態になるのは何か内因があります。 水分代謝がうまくいかないと病的な水湿が気管などに残ります。 これを“水毒(飲邪)”といい、飲邪は風寒と結びつきやすく直ぐに咽痛を起こします。 専門的には「風寒挾飲上攻」の証といいます。 > 疲れやすく、スタミナもなく、夜は、9時頃に眠くなってしまいます。 水分代謝をつかさどるのは脾胃で、脾胃の機能低下が根底にあります。 脾胃はすべての臓器の中心で、元気の生産元でもあります。 > 耳が痒くてかくと汁が出る。 これもひょっとして水毒のひとつの表現かも知れません。 おすすめの漢方処方 (1) 半夏散及湯+甘桔湯(はんげさんきゅうとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (参照)ブログ「半夏でどうして咽痛が治るの?
    メール相談例 目次