メール相談例 98
以下の例はすべて 淤積大腹 (中焦・下焦の血液循環が悪いと胃や子宮に積となる) の証に該当します。
ここに解説の要点を集めてあります。

1. 子宮内膜症及び子宮筋腫
2. 子宮癌
3. 慢性前立腺炎
4. 子宮腺筋症
5. 手足のむくみ
6. 胆のう癌


★ 子宮内膜症及び子宮筋腫

女  26歳 経過 : 病名と経過は上記の通りですがホルモン療法でリュープリンの注射を9回うち、 1年生理をとめたのですが未だ腸の癒着がとれず、卵巣にも水?が溜まっている状況です。 全身 : 不眠 顔面 : 鼻水・くしゃみ 背 : 肩が凝る 肌 : さめはだ 婦人 : 月経量が多い・月経痛(大激痛)・血の塊がまじる 子宮筋腫 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  「子宮内膜症及び子宮筋腫で腸が癒着」とは誠に同情します。 癒着という現象を見ても分かるように、この病態には[病<於]血(おけつ)の存在があります。 おけつとは血液の流れが滞って血管の局部や臓腑の中に停滞した証候をいいます。 これが原因で腹内に塊が出来ることも多いのです。 舌唇は紫暗色、経血は黒っぽく、さめはだを呈します。 月経痛・血の塊がまじる、という状態にもなります。 おすすめの漢方処方 (1) 少腹逐*於湯(しょうふくちくおとう)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 石*瑕湯(せっかとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (3) 金鈴子散+失笑散(きんれいしさん+しっしょうさん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬) (4) 化堅湯(かけんとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) ※症状が重いのでエキス剤では効果が期待できません。

★ 子宮癌

女  63歳 病名と経過 : 母が昨年、子宮の全摘出手術をうけました。 その後、抗癌剤の治療をうけています。 あと半年と言われ、ショックを受けています。 食欲はふつうで、貧血はありません。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  抗癌剤治療に於いてはおおよそ次のように整理できます。 1.気虚型 2.陰虚型 3.気陰両虚型 4.治療サイクル終了後 状態から見て、1.2.3.の訴えが無いようですから、あなたのお母さんの場合は 4.の時期でいいと思います。 この時期には気の充実があり、陰液の欠乏がなければ更に癌を攻撃することが出来ます。 かといって抗癌性の薬物ばかりではその副作用に耐えられなくなるので、 薬草による場合でも可能な限り副作用を防止しなければなりません。 そういった配合の仕方で処方を組みます。 『上海中医薬雑誌』に発表されている処方に 「清熱消瘤煎(せいねつしょうりゅうせん)」というのがあります。 八月札・白花蛇舌草・半枝蓮10 露蜂房・白朮 3 陳皮 2 この処方ですと片や癌を攻撃しつつ、一方で体を保護するという意味が ありますから長期間にわたって服用しても副作用の心配は余りありません。 ただし身体の状態が悪くなってきたら1.2.3.の対象になり、 攻撃よりも保身の方ばかりを心配しなければならなくなります。 癌患者の状態は急変することがよくあります。 ですから短期間づつその時の状態に合わせて処方することが重要です。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――― 癌痛が発生する根本的原因は陰陽気血の平衡失調にある。 癌の本質は本虚標実である。 即ち全身は虚で局部は実の病症である。 基本病理としては“虚”“淤血”“痰”“毒”の四つに概括できる。 虚は“不栄なれば痛む”で、実は“不通なれば痛む”である。 従って[扶正補虚・化淤通絡]は癌瘤の治療法の基本であると同時に癌痛の予防の基本でもある。 癌患者に対して弁証選薬した以外に、常に「健脾益気・補腎化淤・軟堅散結」の中薬を用いると、 それが固体の免疫機能を高め、癌瘤を抗縮させると同時に 癌痛の発生を軽減緩和させることにもなるだろう。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★ 慢性前立腺炎

男  37歳 病名と経過 : 5年程前より慢性前立腺炎で足のそけい部に痛みがあり治りません。 とくに内腿、おしりの穴の左右のでっぱった骨のまわりに違和感があるのとやはり下腹部の 痛みが特に目立ちます。 今の症状として座った姿勢、特に車の運転の体型が一番痛みが増します。 以前は泌尿器科に通いましたが、前立腺のマッサージによる治療をしていたのですが いまは行っていません。 結局細菌はもう無いのですが痛みのみが残った状況です。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 :  疼痛が固定痛となった時、それを漢方では淤血(おけつ)があると言います。 また前立腺炎とは「湿熱」が原因の病気ですが、 この湿熱が慢性化して長引けば淤血が出来る事になります。 細菌が居ない状態なのに何故後遺症だけが続くのかというと、 病巣に淤血が残っているからだと思われます。 そして淤血が累積すると終いには肉塊になって腫瘍のようになります。 それを淤積(おせき)と言います。 すべての原因であるこの淤血を取り除かなければなりません。 そして淤血を取り除く漢方薬のことを駆淤血剤(くおけつざい)と言います。 おすすめの漢方処方 (1) 少腹逐*於湯(しょうふくちくおとう)・・・・・・・・・・(煎じ薬) (2) 無名方1(むめいほう1)・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 子宮腺筋症

女  43歳

病名と経過 : 以前より子宮が大きく子宮腺筋症と診断されています。 この1〜2年は生理不順で生理が来たり来なかったりで生理になるとものすごい出血量です。 その為めまいで入院したり貧血になったり心臓肥大となりました。 ホルモン治療も試みましたが体質に合わず余計症状が重くなるばかりでした。 今は病院を変えて子宮の様子と癌検査をお願いしています。 でも今の先生も子宮が大きい(11センチ)ので手術を奨められています。 血圧も高めで140ー90位です。 全身 : 気がふさぐ  怒りっぽい  眠ってばかり 顔面 : 普通   めまい  頭痛  頭が重い  目がかすむ      目がまぶしい  なみだ目  目が痛い  耳鳴り  耳が痛い 口唇舌 : 歯茎から血が出る 胸 脇 : 動悸がする 腹部 : 臍の辺りが痛い  腹が張る  腸が鳴る  食べてもすぐ腹が減る 大小便陰部 : 頻尿  尿を失禁する  咳をすると尿が漏れる  排尿痛がある(時々) 頸部背手腕肩 : くびや肩が凝る  首の寝違え  背中が痛い  肩の痛み 腰膝下肢 : 腰が痛い  腰がだるい  腰が冷える  膝が痛い        膝が腫れる脚が痛い  しびれる  足が冷える  こぶらがえり        かかとが痛い  足がだるい   足の裏がほてる 皮膚頭皮毛髪 : 斑点(しみ)  かゆい  抜け毛  フケ性  かゆい  若白髪 婦人 : 月経量が多過ぎる  月経が遅れる  月経が早くなる      月経痛がある  月経が来ない  血の塊が混じる  出血が止まらない      おりもの  子宮筋腫  乳房にしこりがある −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >婦人 :月経量が多過ぎる 月経が遅れる 月経が早くなる >    月経痛がある 月経が来ない 血の塊が混じる 出血が止まらない >    おりもの 血液の流れが滞って血管の局部や臓腑の中に停滞した証候を漢方では[病<於]血(おけつ)と言います。 婦人では子宮の周りにもっとも溜まりやすいのです。 子宮の周りには衝脉・任脉という月経に関係の深い経絡が二本通っています。 この衝脉・任脉に[病<於]血が停滞すると月経錯前錯后(早くなったり遅れたり滅茶苦茶になる)、 経行腹痛、漏下不断(いつまでも月経が続くこと)、経閉不行(月経が来ない)、 悪露過期不止(おりものが続く)など色々な事が起こります。 >全身 : 気がふさぐ  怒りっぽい  眠ってばかり 衝脉・任脉はまた肝経という経絡に深く関わっているので肝経の病変として 精神的な面でも影響が現れます。 >顔面 : めまい  頭痛  頭が重い  目がかすむ >     目がまぶしい なみだ目 目が痛い 耳鳴り 耳が痛い 肝経は耳や目を通って頭へ上りますからその経路でも病変が起こります。 >腹部 : 臍の辺りが痛い 腹が張る 腸が鳴る 食べてもすぐ腹が減る 肝気が欝滞すると胃腸で気滞が起こります。 >大小便陰部 : 頻尿 尿を失禁する 咳をすると尿が漏れる 排尿痛がある(時々) 肝経はまた陰部を回りますから尿の排泄が異常になります。 >皮膚頭皮毛髪 : 斑点(しみ) かゆい 抜け毛 フケ性 かゆい 若白髪 肝気の欝滞が長引くと湿熱が生じ、フケを発生します。 湿熱はを呼び、痒くなったり抜けたりします。 は髪を枯れさせて白くします。 >    乳房にしこりがある 肝経は乳首を通るので肝気の欝滞はしこりになって現れます。 >婦人 : 子宮筋腫 そして淤血が累積すると終いには肉塊になって腫瘍のようになります。 それを淤積(おせき)と言います。 舌唇は紫暗色、経血は黒っぽく、さめはだを呈します。 月経痛・血の塊がまじる、という状態にもなります。 すべての原因であるこの淤血を取り除かなければなりません。 そして淤血を取り除く漢方薬のことを駆淤血剤と言います。 このようなのを「衝任淤阻証」と呼んでいます。 おすすめの漢方処方 (1) 少腹逐淤湯加味(しょうふくちくおとうかみ)・・・・・・・・・・(煎じ薬)


★ 手足のむくみ

女  35歳 もっとも治して欲しいこと: むくみ ここ一年ほどでずっと変化のなかった体重が10Kgほど増加。 半年くらいの間、生理が20日おきにくるようになる。 手、足のむくみがひどい。 特に手はれたようにパンパンになりぎることも不愉快なほど。 むくみがおきてくると、3日くらいはとれない。 去年まで2年間くらい、毎日お酒を飲んでいたのだが、半年ほど前から、まったく受け付けなく なったことも気になっている。 大便 ; 便秘 背 ; 背中が痛い 膝  ; 膝が痛い 下肢 ; むくみがある 足がだるい 足がつる 婦人 ; 月経が早くなる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >体重が10Kgほど増加。 >手、足のむくみがひどい。 >特に手はれたようにパンパンになりぎることも不愉快なほど。 >むくみがおきてくると、3日くらいはとれない。 腫れたり引いたりする浮腫は腎臓病から来るむくみではありませんね。 しかもパンパンになると言うのは特殊なものに思えます。 >生理が20日おきにくるようになる。 併せて生理異常があるとこれは衝脈の異常から考えなくてはなりません。 衝脈とは体内を流れる経脈の一つで子宮から起こり、“血海”とも言い、 月経の来潮と密接に関係しています。 >去年まで2年間くらい、毎日お酒を飲んでいたのだが、半年ほど前から、 >まったく受け付けなくなったことも気になっている。 これですね、原因は。 お酒が長く続くと脾胃に“湿熱”を生みます。 おそらく以前から子宮筋腫か何か婦人科の病気を持っています。 これは漢方では「*於血(おけつ)」といって、血の汚れの一つです。 この「*於血」と湿熱とが結びついて悪さをしています。 これを「衝任*於湿凝結証」といい、嚢腫を形成しています。 おすすめの漢方処方 (1) 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)加味・・・・・・・・・・(煎じ薬)

★ 胆のう癌

男  58歳 もっとも治して欲しいこと : 胆のう癌と宣告された。 現在、胆道にバイパスを通し、すい臓もその後良好。 他の身体状況: 全身だるい  汗っかき  頭痛  声がかすれる −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 返事 : >胆のう癌と宣告された 癌の基本病理は“虚”“淤血”“痰”“毒”の四つに概括できます。 悪性腫瘍を漢方的に分類しますと次のようになります。 1. 痰毒蘊結型(悪性淋巴腫) ……リンパ腺が腫れ皮膚の色は紫紅色で酸脹感や軽い疼痛があり、発熱・自汗盗汗・口渇・便秘がある ……治療は[清熱瀉火解毒・化痰散結]法による 2. 寒痰凝滞型(肉腫〜悪性淋巴腫) ……腫塊は硬く皮膚と同じ色で痛くも痒くもない。発熱せず常に寒冷を感じ顏色が悪い ……治療は[温化寒凝・消痰散結]法 3. 痰凝淤阻型(肉腫)……腫塊の形が明らかで硬く推しても動かず局部は脹って痛みがある。 色は青紫で顏色は暗く舌には淤斑がある。 ……治療は[消痰軟堅、散淤梢腫]法 4. 陰虧血燥型(悪性淋巴腫、肉腫の放射線・化学療法後の晩期病人) ……貪血・消痩・盗汗・皮膚掻痒・微熱・便秘・尿が濃い ……治療は[滋陰養血潤燥]法 胆のう癌は3.痰凝淤阻型に属し「治痰」と「駆淤血」がキーポイントとなります。 治痰の薬草は……皀角刺・白芥子・黄薬子・海藻・昆布・瓜呂根・土貝母など 駆淤血の薬草は……穿山甲・地鼈虫・桃仁・紅花・乳香・没薬など 抗癌の原則は先ず「病名」を第一とし、「辨証」を第二とします。 すなわち「治痰・駆淤血」を基礎として、これに表面化している症状を勘案して処方に加味します。 おすすめの漢方処方 (1) 黄連温胆合膈下逐淤湯(おうれんうんたん・・)加減・・・・・・・・・・(煎じ薬)
    メール相談例 目次